2017年10月 3日 (火)

小池劇場の限界?

 小池都知事の立ち上げた希望の党は、明らかに、保守主義の第二の保守党ではある。が、今回の劇場の主なシナリオは、「安倍政権、自民党を倒す」ことなんだろう。

 それに大義名分は無い、がむしゃらにそれへ向かって邁進すべきだった。民進党を希望の党が吸収出来たところまでは、さすが小池、と言いたかったが、民進党議員の「選別」によって、「小池劇場の限界」が露呈した。残念なことである。

 これで、自民党の過半数は確保できて、第一党は守れるだろう。安倍首相の退陣は、自民党内の派閥の争いだからどうなるかは分からない。小池劇場とは言えない。

 選別するという独裁者発言。「小池は、こざかしい」大物ではない、小物であることを明確に示すこととなった。希望の党は第二党にはなるだろう、けれど、国政を揺るがすほどにはなれない。すると、小狡い小池は、「私は都政」へ逃げるであろう。「二股の妙技」の「女々しい」小池劇場である。

 都政も、グジャ、グジャにしたまま、曖昧なまま、のシナリオ劇場で、人気取りの芝居を打ち続けるであろう。これに踊らされる日本国民は、自己意志を確立せよと叫んできた夏目漱石が嘆く。残念な日本人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

国民無視

 安倍首相の党利党略の解散。森・加計問題隠し、と改憲強硬の自己都合による強権政権を守るためであって、それが国民、日本国を守ることではない。アメリカに守ってもらう弱者日本に未来は無い。 安倍首相のあったことは、公約と全く無視をして、自衛隊派遣、共謀罪、など、軍事国にまい進させている。

 一方、リベラルの民進党は、人気政策しかできない小池劇場の変身政略に、まんまと乗った前原代表、代表になった、何もせず。小池都政も何も変化することなく、小池は何一つ革新させていない。むしろ、オリンピックの件、豊洲・築地問題はグジャグジャにしてしまったまま。

さらに、何事も私が決める、と。まるで第二の安倍首相となりそうだ。残念な小池都政だ。リベラルから保守へと変身。小池と同じ穴のムジナである。維新とも合流する?第2の保守派が出来てしまう。

 国民がどう選択するのか?分からない。多分、国民はどうすればいいのか?戸惑うであろう。困った政治家で、政略ではなく、当選だけが目的の政治家を選択されるのだろうか?

 希望の党の政策は、はっきりと示されない。何処にも明言されていない。小池の風見鶏の変質者である。この人が政治家であろうか?困った人がなぜ、人気があるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

ロジックのエキササイズ(Logic Excises)

 国家では、森友学園から始まって、加計学園の忖度の解釈や、出所資料の不明性、など、安倍政権は、懸命の釈明(否定)に、官房長官も、内閣府も火消しに躍起になっている。

 第三者から見れば、ここまで証拠が出ているのに、安倍内閣の説明は、しっくりいかないと、国民の75%が釈然としてしなく、悶々としている。政治的には、安倍首相も、なかなかロジックを心得ていて、何時ボロを出すのかと、興味津々である。

 つまり、これは論理学である。前提となる命題が、不確かである、とか、個人的な発言とのことから、逃げ道が出来ている。前提の命題をはっきりさせ、演繹的にロジックを展開して追い詰めるか?命題に仮説を置いて、その仮説を証明していく方法、帰納法に持ち込んで、出所不明なら、なぜ、こんな資料が出てくるのか?個人なら、もっと尋問を増やすとか?から包囲するか?

 どちらかでなければならない。「前川の乱」から、「文科省の乱」に、もっと協力者が出てくれば

面白くなる。帰納法が生きてくる。その方法しか、政府ロジックは崩せないだろう。

 さて、ここで、「官庁の乱」は本当に起こせるのだろうか?先ずは文科省に頑張ってもらいたい。が、天下りも甘い汁であるから、それを吐き出して迄、正義感を打ち立てられる人がどの位居るのだろうか。日和見の日本人だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

日本の自動車産業の硬直

 前にもちょっと触れたが、日本の産業は、家電、半導体、IT、と徐々に衰退して行く。この原因は何だろうか?簡単に答えは出ないだろうが、この衰退がはじまった時期は、明らかにバヴルがはじけた、1995年以降だろう。企業の合理化で、研究所を縮小していった事、合理化で、経費節減だけが企業目標。これと何らかの関係はあるだろう。

 それに、科学系報道にも、日本健在の記事が多すぎる。未だににそうだ。いろんな日本技術は、世界に追従できている様に報道する。が、実態は、そんな甘いものではない。例えば、AIなど、3~4周遅れだ。時にディープラーニングは。機械的認識技術は、なるほど、並にあるが。

 自動車産業に戻すと、下請け構造は、未だに健在。場合によっては、5次下請けは当たり前になっている。よって上位にご意見が言えない。それぞれの会社の組織も硬直しており、上位に意見が言えない。下達のみである。外部の業者と会議を開いても、下位の人は意見を言わない体質になっている。これでは創造性が必要なビジネスは、創造性が失われ、硬直してしまう。

 EVと相まって、EVの成長に伴って、日本の自動車産業は、家電、半導体、ITと同様に、5年後(2020年)には、何社が残っているだろうか。勿論の残ってはいるだろうが、世界での話である。残念な日本人、まったく反省をしない日本人。学習しない日本人。危機感の薄い、平和ボケの日本。一から出直さなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

一帯一路?

 シルクロードの再現を?と、中国は言うのだが?今さら、道路を大陸に構築してもそのインフラ費は莫大になるだろう。投資対効果が疑問視されるのでは。インフラ投資そのもので、経済の成長が、幾分か、出てくるであろうが。

 なぜか?飛行機と言うインフラが、かなり発展している。高付加価値は、時間を短縮することであろう。多量輸送では、船に勝るものはない。或は、飛行船輸送も、未来は楽しみだが。

 それにしても、通商で経済成長が促進される根拠は何処にあるのだろうか?大量消費時代の発想は、時代遅れではないだろう?経済成長が無くても生活を豊かに感じrる社会は作れないだろうか?

 今日は真夏日、東京は30℃を越えたらしい。真夏日の高温の常連は舘林である。ここの今日は35℃を越えたようだ。ボケ爺、真夏日は苦手である。フラフラする頭で、しかも悪くて鈍い頭は、上記のような難しいことに、答えが出せない。何時までも悩んでいる。助けて!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

時代の変化が読める?

 前回の読書で、「北斎まんだら」で、葛飾北斎の晩年の浮世絵への執着に心惹かれ、「ヨイ豊」梶よう子 講談社を読む。

 江戸晩年の黒船襲来から、江戸が東京となる明治中期までの歌川一族の、人情物語、特に豊国仲間の「歌川の築き上げた浮世絵」を守ろうとする「大義」の泣き笑いの人情を描き切った傑作である。歌川広重一族、国芳一族、豊国一族達が、「江戸絵」の花を咲かしてきたが、明治維新改革が起こり、江戸が東京に変わった。

 当然、印刷技術は西洋から入り込み、機械化が進んでいった。又、絵画も、西洋の油絵がもてはやされる時代と変化していった。その為に、版元から、絵師に、彫師へ、摺師と分業化された江戸絵の世界は、失業、廃業も含め、大幅な変化を強いられた。

 これらは、バブル崩壊後の、日本の失われた20年と重なる部分がある。社会の変化に何処まで追従していいのか?その変化に乗れるのか?守るとしたらどんな大義の下で、何を守らなければならないか?に結び付く物語である。ビジネス本として、示唆に富んだ重要な、貴重な作品である。バブル崩壊後の経済は不景気から、と言うけれど、そうではなくて経済構造の変化の複合体である。残念だが未だに、日本の経済界は気が付いていない。

 歌川一族は、明治中期には、芸術機構(美術学校、画壇、等)を作り出し、西洋の美術界にジャポニカブームを創造した。美の捉え方に、西洋と浮世絵の源流を一緒にして、「どの様に表現するか?」に崇高な価値を作り上げた。

 現代の日本は、明治維新時代の、歌川一族の「江戸絵」は「守りと、攻め方」の生き残り方に学ばなければならないビジネス指南の手本である。その勉強の面白い教科書が、この本である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

パフェット氏がアップル株を

 パフェット氏は、アメリカの株式市場では有名な人である。パフェット氏の株の買い方で、株市場は大きく変化する、と言う理由からだ。

 最近の動向は、IBM株に見切りをつけた、と報道されている。大幅な売りに出たのだ。その為に、IBMは、大幅な下落に陥った。AIには魅力があるが、データベース市場に失望、更に一般インフラ市場も業績の回復が見込めない、と言う理由だそうだ。

 ICT市場も、何でもこなす時代ではなくなって、一点集中の競争力でしか生き残れない時代に入ったのだろうか?データベースでは、IBMであっても、Google  Amazon.comには及ばない。

 今日では、パフェット氏はApple の株を買い貯めていると言う噂が、もっぱらウォール街の明るいニュースとなっている。その結果、時価総額が9日、米国企業として初めて8000億ドルを超えた。

 いつまで続くのだろうか?金融本位資本主義時代は?これでは格差は是正しない。増大へと一途にひた走る。どこでシンギュラリティが現れるのか?

 漱石の悩んだ戦争と言う経済成長と敗退の「矛盾」、今日、金本位経済成長と、廃退社会の「矛盾」へと、漱石の洞察力が偲び寄っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

憲法違反では?

 ボケ爺は憲法の事は良く知らない。それを自慢している訳でもない。にわかに激しくなった憲法改正論議に、不思議が漂ってきた。

 確か、憲法の政治、議会制度では、首相は、憲法を守らなければならい、と、幼少の頃教えられていた記憶が呼び覚まされた。首相は憲法の下で、政治を司ることである、と。

 つまり、都合が悪いから憲法を変えて、政治は行えない、はずだが?そのために、国会には、憲法審査会があって、憲法についいては、そこが管理運営をすることに、現行憲法はなっているはずだ、記憶している。正しいでしょうか、教えてください。

 安倍首相は、それを無視して、憲法改正を高々に叫び、押し付けている。それが分からない。さらに、それが違憲であると言う、世論も無い?

 安倍首相は怖いものなしで舞い上がっている。改正の時期から改正の中身まで、事細かに支持を出す。それは出来ないはずだ。憲法審査会の提案を無視してまでも。可笑しい。

 右派の冴えたる中曽根元首相まで、声を高らかに、安倍首相を皮肉っている。「国民の、国民のための、国民による」を安倍首相は忘れている。「驕りだ!!!」と。

 総薄知?ジャーナリストへ、考えてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

漱石は現在作家?

 120年ほど前に作家として活動し始めた夏目漱石は、死後100年になっても現在に課題を投げかける現役作家である、と確信する。

 鴎外や、樋口一葉は同時代の小説家であるが、辞書が無ければ読めない程、現代文に違和感がある。しかし、漱石は、ほぼ辞書が無くても読むことが出来る。それは、漱石が、今日の日常の日本語の基礎と作ったからだ。文章を短く区切る。会話は鍵「」で括る。

 日清戦争の勝利で得た勝利金で日本は豊かになって来た。各省庁から、海外留学を始めた時、文部省から漱石は選ばれた。その時の同期は全てドイツに行ったが、漱石だけがイギリスだった。ドイツ帝国は民族主義、それが民族統一に役立つからだ。

 大英帝国は、産業革命の発祥の地であった。身分の格差もはっきりしている。漱石は、その経済の発展と格差拡大の「矛盾」に一生悩み続けた。漱石の帰国後も日露戦争の勝利においても、貧困の格差は拡張するばかり、引き続き第一次太平洋戦争に突入してしまう。

 漱石の偉大さは、その様な社会矛盾を「外から日本を見、内から英国を見る」と言う、真摯な志を持っていた。

 ダーウィンの進化論を勉強して、「自然淘汰=優勝劣敗」の社会を自然主義と捉える風潮の中、キッドの「社会の深化」「西洋文明の原理」、マックス・ノルダウの「退化諭」を学ぶ。これらの説は「文明が発達すれば人間は退化する」との主張に、イギリスの社会を分析し、強く感銘する。(倫敦消息、倫敦塔)

 今日の日本は如何だろうか?未だに「経済成長」第一主義である。国民は、本当に幸せになっているのだろうか?真の文明、文化が育っているのだろうか?と漱石は今も訴え続けている。そこに「矛盾」「二律背反」の悩みが続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

なんだかヘン

 この頃、政治が何だかヘン。大臣の発言がヘン、野党の勉強不足がヘン、与党が金太郎飴でヘン。いつの間にかアベノミクスがダンマリで、ヘン。安倍首相夫人の昭恵さんは未だハシャいでヘン。森友学園問題はヘン、その再生法はヘン。トランプ大統領にゴマ擂ってヘン。北朝鮮のやんちゃ坊やをあやしてヘン。共謀罪法の名称をテロ準備罪と変えて無茶苦茶振りでヘン。

 昭恵夫人の公務員を秘書にすることは、なぜできるのか?の議論が無くなった。私人だとしたら、公務員を私人の秘書にはできない、はずだが。この問題はどうなった?野党の口封じはヘン。

 山本地方創生大臣の「一番ガンは学芸員、観光マインドが無い、一掃せよ」と。観光への開放と、歴史研究と保護とは、まったく意味が違う。この問題は、学芸員ではなく文科省の問題だ。政府の問題なのに、ヘンな発言。その為の予算を付けなくてはならない。イギリスは、500億円、日本は130億円の違いが出る。

 今村復興相の「支援打ち切り後は、自己責任」、つまり政府は関係しない、と言いたげだ。ピッタリと安倍首相の後ろに隠れ、一言も発言しない、滑稽な光景。さらに、記者の質問の打ち切りが続く。

 この頃、なんだかヘンだ。

<読書>

「炎の経営者」高杉良 文春文庫

高杉の描く経済小説、経営者像は、いつも情熱家である。情熱をむき出しにする人を描く。いささか、それは何でも言い過ぎでは?それが何とも上手い。それにサラリーマンは泣かされるのだが。今までと違って、組織のルールをも教育する日本触媒の社長像であった。この時代の化学工業の社長は、20~30年を務めあげている。この点の指摘は無かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧