2018年6月 8日 (金)

後出しジャンケンの日本

 子供のころから、後出しジャンケンは「ズルイ」と知っている。が、日本の風土に、「時を待つ」、と言う大人の知恵を好む傾向もある。

 「後でつじつまを合わせる」ことも、後出しジャンケンの手法と同じだ。平成時代は、「世の中を良く見定めて」、或いは、「慎重に」、「失敗は許せない」、の動向の中で生きてきた。さらには、責任をかぶることは「馬鹿な人」と言う風潮も培われた。今では、小学校時代から教えられている。仲間の中で先頭に立つな、損をする、と。これは、無責任にした方が得、と言うことに繋がる。

 教育現場でのいじめ問題でも、調書を無視する、隠蔽する、逃げるに限る、と。

企業で、不正会計で後出し、データの捏造を推奨する、後で、つじつま合わせが出来る、と。

 政府や、財務局の森友・加計問題も同じ理由に繋がる。

 安倍首相は外交に長けている、と言われているが、そうだろうか?東南アジア、中東、アフリカ外交は、金のバラマキ。どこにどんな成果が出ているのだろうか?ロシヤでは、4島返還が外交の主課題のはずが、いつの間にか、4島の返還は、4島で経済開発支援・共有化で、ほぼ必要ない、との状況を作ってしまった。

 先ほど(8日昼前)のニュースを読みましたか? トランプとの会談で、安倍首相からの会談内容の結果は、今までのトランプとの約束は白紙同然になった、とのことだ。

 アメリカとの貿易摩擦の再燃は、お友達トランプから突き付けられて、アタフタ。どれだけ金をむしり取られたら、目が覚めるのか?これらも、後出しジャンケンの手法だから、結果は出ない。

 北朝鮮で、トランプに擦り寄り、後出しジャンケンを目論んでいたが、結果は、アメリカからも北朝鮮からも、見放されて、日本は孤独にも、やるすべがない。安倍外交は、どれを取っても、何一つ成功していない。税金の無駄つがい、ばかり。

 小泉進次郎が言う通りだ。「国民なめるな!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月23日 (水)

隠蔽オンパレード

 政府、大企業、から、スポーツの世界まで、隠蔽、隠蔽の大合唱。隠蔽してしまえば、何とかなるのが今の日本の現状、と。今では隠蔽しないことが非常識、となっている。

 隠蔽とはウソを隠す。正論を隠す。正義を隠す。ウソがまかり通る世の中から、未来はあるのだろうか?

 日大アメフト部の不正プレーについては、やった本人が克明に説明した。ここには真実が語られているだろう。(自分の不甲斐なさを反省して)が大学は未だに隠蔽する。何故だろう?理事と言う特権が隠ぺいを支持する。

 それよりも、もっと外部が動かなくてはならないのではないか?内田監督に忖度か?関東学生アメフト協会、関西学生アメフト協会、さらには、全日本アメフト協会が、今回の違法な違反プレーに、即刻に厳重注意と、日大アメフト部に対して処分を下さなければならないはずだが、沈黙を保っている。さらに、アメフト審判団の、一回の違反で退場させられなかった審判の間違えに反省と、今後の審判の対応についてコメントすべきであるが、沈黙。何故か?

 さらに、あえて言うなら、日大生は何をしているのか?デモの一つも出せないのか?教授会は何をしているのか?理事長は何故公に出てこないのか?総長(学長)何故、一言もコメントしないのか?大学は教育の場でもある。不正することを止めることも教育だろう。全てが目をつぶる。

 政府と同じだ。安倍種々の一極集中の権力が、隠蔽を生む。野党は上滑りな追及ばかりで、根本(根源の課題)の問題を追及できない。自衛隊の日報隠しから、森加計議事録の隠蔽、今日では、首相の日程隠しまで正々堂々と隠蔽する。それで、まともな政治が出来るわけがない。議員に気概も無い。

 大企業の不正隠蔽事件もしかり。日本の経済の低迷は、この体質から始まって、これが続く限りは、世界での競争に勝てない。日本経済は永遠に沈没する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月24日 (火)

福田淳一元事務次官のセクハラ問題

 麻生財務大臣の語録の詭弁は、「はめられて訴えられているんじゃないかとか、との世の中にはご意見ある」「セクハラ疑惑は少なくとも週刊誌報道だけで『あった』と認定するのはいかがなものか」「きちんと人権も考えて、双方の話を聞かないと」「(セクハラを)言われている人の立場も考えないと。福田の人権は無しってことですか」、と、とどまることが無い。

 基本的に「セクハラの定義」が分かっていない。「痴漢行為」と同等と考えている。日本人として悲しいことだ。要するに、「言われた人が不愉快」、と感じただけでセクハラ行為となる、と、セクハラは定義されている。

 ボケ爺も、1980年代に、会社がセクハラ禁止キャンペンで、何度か教育を受けたことを思い出す。30年ほど前だ。「姓名で言う名で呼ぶな」「・・・ちゃん、と呼ぶな」、朝の挨拶でも「髪型にコメントするな」「服装にコメントするな」「容姿にコメントするな」立ち話でも「後ろから声を掛けるな」、また、「ジーと見つめるな」 「上下関係だけで2人になるな」など、20項目ほど、禁句語、態度、に付き、繰り返し教えられ、上下関係なく、怪しい言語があった時は、お互いに中止し合う、などのルールも作られたものだ。

 福田氏は録音があるから、その内容はセクハラの以外、何物でもない。弁解の余地は無い。セクハラを受けた、と言う人と話し合う必要もなく、正真正銘のセクハラ。

 麻生財務大臣や、福田氏が言う「はめられた」は、懐が甘い。仕事に対して厳しさが無い。2人になること事態は、あってはならなことだ。ましてや、官僚と記者として。福田氏に何か魂胆があったのではないか?と疑わられても仕方ない。度々、女性記者の接待で2人になることは、セクハラ以上に問題の行為ではないか?

 財務省、むかしの大蔵省のノーパンしゃぶしゃぶ接待のように、日本のエリートは接待に弱い、何かにつけて、エリートはスケベーばかりの集団になってしまうのだろうか?残念な日本人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

金正恩委員長

 金正恩委員長はなかなかの戦略家だ。平昌冬季オリンピックで、韓国の文大統領の対話策に、微笑み外交で、乗っかって、しかも、その先まで、つまり、トランプ大統領を上手く持ち上げて、米朝のトップ会談を仕掛けた。

 米朝だけだと、二極化しては、物別れ、ともあるかもしれない。韓国では、力が無い。さらに韓国は米軍の駐留の負い目がある。北朝鮮は、そこをうまく利用しよう、と韓国を利用して、仕掛けている。

 次の手は、中国を巻き込み、トランプの怒りを中国になだめ役として利用しよう、と電撃訪問である。中国は元々対話を主張していたが、上手くいていなかったのではなかった。そこで、トランプは米中貿易問題を使ったのではないだろうか? そこを、金正恩は中国の協力に利用したであろう。

北朝鮮は次のカードはロシアであろう。だが、裏で、すでにいろんな工作をしているので、米朝の階段が上手くいかなかった後の関係はすでに話し合い、その戦略は合意されているだろう。ロケット、核技術は多くはロシア、イランから、導入しているからだ。あるいは中国も関係しているかもしれない。核や、ロケット技術はロシア、イラン、中国が繋がっているからだ。

トランプはビジネスマン的交渉だ。政治には関心が無い。核放棄を迫りながら、トランプはアメリカ製品を買わせる貿易の経済脅威をチラつかせながらの交渉となろう。

 韓国の米軍の駐在開放が、北朝鮮、中国、ロシアの願いである。これを北朝鮮は段階的に開放させながら、核の放棄との駆け引きしながらの交渉が本質だ。この外交政策は、ボケ爺として、予想するに面白いゲームとなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月29日 (木)

論理と道徳

 佐川元理財局局長の証人喚問が、丸1日行われたが、「刑事訴追を受ける可能性があるから、お応えは差し控えます」が50回以上繰り返されて、まともに尋問に答えてはいない。論理は、質問に対して、この回答は、刑事訴追を受ける可能性とは、刑事問題である、と説明したことになり、そこには「質問に重大な問題を抱えています」。質問は正しい質問です、と証明していることになる。「誰が、どんな理由で、改ざんしたか」は、「改ざんは認める」が、「誰が、どの理由で」は刑事が明らかにする。つまり、「政府は、刑事問題にして司法で調べさせる。と言う」ことを言ったことになる。

 何故、野党はその確認をしなかったのは何故か?また、自民党の丸川議員は、質問ではなく誘導尋問である。誘導尋問は証人喚問とはならない、と言う論理がある。野党は、なぜ、それを止めなかったのか?

 一方、佐川氏は、「総理、その夫人、政府からの関与は、全く関与はなかった」。と断定を繰り返した。しかし、「誰が、どんな理由で」は断定されていないので、これは論理の矛盾となる。官僚側と、政府側は、全てについてすり合わしていることは、何処でも言われているし、公言もされている。何故、ここまで断定をしたのであろうか?論理の矛盾である。

 佐川氏は道徳的に、国民に疑問を投げかけたことは、自分の道徳観に恥じることはないのか?大衆に馬鹿にして、家族の人はまともな生活は出来るのであろうか?安倍首相や、夫人、政府を守って、どんな見返りがあるのだろうか?家庭を捨てて、自分の精神に負い目は無いのだるか? そこまでの「道徳心」まで捨ててでも、乗り切れれば、安倍首相の秘密費から、高額の慰労費がもらえるのか?

 国民に不信感を与えたことに、何か負い目はないのだろうか?「人分の人生は一体何だったのか?」の自問はないのだろうか?エリートはその程度の道徳観なのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月25日 (日)

安倍首相の微笑み外交

 トランプ大統領の攪乱。「貿易赤字に日本の例外は無い」、と。「安倍首相の微笑み外交に、今まで騙されたが、これからは騙されないぞ!」と言う。日本の貿易赤字はそんなに大きくはない、が、日本の曖昧さには、腹が煮えくり返るのだろう。

 安倍首相の微笑みは、従順な飼い犬と思っていたが、一向に改善されない苛立ちが表れたのであろう。安倍首相の本心を疑い始めた。ボケ爺も、アメリカとのビジネスは多少の経験がある。アメリカ人が言うには、「日本人はよく理解できない」、と言われてきた。

 その理由は、「曖昧な返事が多い」、「持ち帰り検討すると言う」、「返事が出来ないと、微笑む」、「Yes, Noがまず冒頭に出てこない」、「本当に日本とのビジネスは難しい」、と言われてきた。「会食や、酒の場では、親友と思わせる人の好さは世界一だ」とも言う。

 多分、安倍首相はそれ以上に、ビジネスの経験はない。ビジネスマンのトランプ大統領は、歯がゆい、と思っていたのだろう。多分、英語もそれほどの力はないのだが、英語で話したがる。その英語力では、微笑む程度の理解しか、出来ないのだ。その程度なら、翻訳者を入れて、しっかりと自分の意見を言わなければならない。が、恰好を付けて、片言英語で微笑んでごまかしていては、真の外交は出来ない。

 通訳者を入れても、国会での答弁のような言い方では、真の翻訳は出来ない。「日本では、政治家は断言してはいけない」が常識となっているからだ。これが、外人には、日本人を理解できないゆえんである。今の日本の常識は、「世界には通じない」、ことは明らかだ。さて、トランプと、どう付き合うのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

下手な、トカゲのしっぽきり

 徳川幕府時代の、物語を読んでいるようだ。これほど見事な、見え見えの「トカゲのしっぽきり」見事と言うほかはない。

 ついに佐川国税庁長官(元理財局長)は、安倍首相から「定年だしね」「麻生財務大臣も、ソロソロ止めてもらいたいしね」。「そうだ麻生の責任と、押し付けよう」、と。一連の発言で、意図もあっさり、更迭された。

然も、「丁寧な説明をした」。「誠意ある回答だった」。あれだけよくやった、と、安倍や、麻生から誉められ、出世した張本人を、「説明に丁寧さを欠いた」、と言う理由で辞職に追いやった。然も懲罰までも付いている。この矛盾も、記者会見で、記者は誰も突っ込まない。残念な論理性を欠いた記者たち。

大阪理財管理局内から自殺者が出た。森友の張本人であろうが、その事の発表は隠している。遺書が残っているので、本当は読み上げてほしいが。個人情報として葬り去られるであろう。正義が気の毒にも敗れる共同体の仕組だ。漱石も「坊っちゃんで」で悩んでいた。日本の共同体の中身は今でも変わらない。

世の中、残念なことに、この様なことは日常茶飯事であるが、これまで見事で、あからさまなトカゲのしっぽ切りの教科書は、めったにお目に掛かれない。これを、下手なトカゲのしっぽ切り、と言う。これで平気な政治家と官僚の共同体は、どこまで悪の巣作りや、定石を作り、塗り重ね続けるのだろうか。この状況を打破できなければ日本は変われない。

<読書>

「うそつき」野坂暘子 新潮社

=夫・野坂昭如との53年=との副題が付いている。「夫婦なんて騙し合い」、とか何とか言いたいのであろうが。野坂暘子さんの文章は実に上手い。実に昭如の文体とよく似ている。これこそ、騙し合った結果なんだろう。「気が小さい、気が弱い、ついでに妬み、嫉み、これが僕のキャチコピー。努力、忍耐、根性は似合わない。何時か人生のどこかでつじつまが合えばいい」と。酒でごまかしてきた。黒いメガネは隠れ蓑。夢だけは追っかけていた。と言う。いい夫婦であった。羨ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月10日 (土)

ニコニコ外交の勝利

 平昌オリンピックは政治色の強い大会になった。だが、北朝鮮問題だけだが。結果は、韓国の対話重視のニコニコ外交が、功を勝した。文在寅ムン・ジェイン)に、当初は批判していた日本の安倍外交感覚は見事に見誤った。

あっさりと、北朝鮮は、韓国の提案に乗り、トランプは、その北朝鮮の提案に乗ってしまった。文大統領のニコニコ外交の勝利である。

安倍首相のトランプとの結束は、外され潰れた形となってきた。勿論、中国や、ロシヤの対話の主張もかなえられた形になった。

 当然に、北朝鮮や、韓国の実行に裏があるだろう。が、先ずは話し合いをしてからの話だ。話し合いもできない状態なら、進展はない、むしろ憶測の為、悪い方向に進むことは明らかだ。先ずは話し合いからが第一歩。

政治、外交案件だ、そう簡単ではない。しかし、対話あっての探り合いだ。北朝鮮に軍事支援をすると事は後を絶たない。アメリカ一強を嫌っている国が多いからだ。

 安倍首相の残る功績には、拉致問題の解決がある。この件を、トランプに、何度も頭を下げ(アメリカの言うことは何もかも聞くから、と)懇願することになろう。

 国会で、森友・加計問題で窮地に陥った安倍は、早々に、トランプ参りをすることになろう。拉致問題化帰結に向けて。5月に、少しでも、その点が触れられれば、安倍政権は永らえられるからだ。それが無ければ、権力だけが夢の安倍政治生命は風前の灯火となる。

<読書>

「凍河」五木寛之 平凡社

1975年に朝日新聞に連載した、新聞小説で、五木としては初めての試みであり、恋愛小説、それも純愛の、と意気込んだと言う。また、五木の休筆1972年、復帰後の最初だと言う。だが、ボケ爺には、幼稚な恋愛小説にしか、思えない。さらに精神病を患った人々の挙動の表現も今一つ心に迫らない。ストーリも単純。閉鎖性、偏見の社会の偏見や苦闘の表現も、今一つ。残念な長編だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

欧州経済が好調

 欧州の経済が好調らしい。今日の新聞でも、日本では、日本車を抑えて、欧州車が順調な売り上げを伸ばしている、と。その意味は分かる気がする。安全性の装備や、インテリアの内装のモダン性、日本車よりはるかに進んでいる。

ボケ爺は車には興味が無くなったが、自動車向けLEDのマレーシャアの企業の顧問をしている。昨日までのビッグサイトで、カーエレクトロニックスの展示会のアテンドをしていた。インテリア、バックライト、ヘッドランプのLEDの使い方や、デザインは、はるかにヨーロッパ(ドイツ)が進んでいる。日本車は、残念ながらその後塵を拝している。日本車は、ドイツ車の物まねだ。

ヨーロッパの貿易は、化学、材料、ロボット、自動車、その部品、加工機械、など。「アジア、中国向け」が好調だそうだ。積極的な投資も続いているようだ。日本円との為替も130円を下回らない(円安が進んでいる)。

これらの市場は日本も強いと言われ続けているが、欧州はそれを上回っている。経済評論のジャーナリスト達の真の情報を流さない、或いは日本賛美しなければ、その評論が売れないのか?少々狂っている。無責任は人たちが蔓延している。

真実を知る権利が奪われている。残念な日本。

<読書>

「現代の見えざる手」元木昌彦 人間の科学新社

19の闇= の19人の評論家の分析を読み解く。もっともな話が多いのだが、なぜ、それらが表で堂々と歩けないのだろうか?なぜ無視されるのであろうか?今だからこそ、考えなくてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月18日 (木)

ダイソンがEVメーカーに

 今週の日経ビジネスに、「ダイソンがEV車に参入」、の衝撃な特集が組まれた。英国の自動車産業の遅れの挽回に、ダイソンが名乗りを挙げ、自動車産業に殴り込みを図ってきた。

 これからは、従来の自動車メーカーでない異業種からの参入があるだろうとの予測が当ったことになる。ダイソンとは、サイクロン掃除機から家電に参入して、羽のない扇風機、ドライヤーと、異質な発想、イノベーションを起して、人々を驚かせてきた。

 ダイソンに言わせれば、自動車産業への参入は別に不思議なことではない、と言う。元々は、ジーゼルエンジンの廃棄粉塵の回収にサイクロンを開発しいたが、日の目を見ることが出来なかったので掃除機へと、その技術を転化させただけ、「唐突の発想ではない。自動車の事は良く理解している」、とのことだ。

 ダイソンに言わせれば、2022年には、二次電池をはじめ、EV車はフルに生産していることになっていることだろう、と豪語する。

ダイソンが考える車とは?さて、どんな車が街の中を駆け巡っているだろうか?早く見たい。その創造性に期待する。

ボケ爺は、17日から始まったネプコン・ジャパンの一部のカーエレクトロニックス展示会の説明員にアテンドしている。とにかく、満入り御礼が続く、明日までだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧