2017年12月16日 (土)

来るべきバカのために

 このタイトルに魅せられて、思わず、図書館に本を予約した。大変な人が予約していた。6か月待ちの人気の本である。しかし、「勉強の哲学」の意味が分からない。哲学者の本だから分からないのか?副題の「来るべきバカのために」も、意味不明。哲学は難しい、と哲学と言う名に魅せられていた。

予約を待つ間、馬鹿が付くボケ爺も悩み続けた。勉強をするために持たなければならない心構え(心の存在に関する哲学)? How to、勉強を極める、探求するためなのか(哲学とは言わないが)? What、何を勉強(勉強)するのに哲学が必要なのか?と解釈するのか?

こんな意味不明のタイトルで、ごまかされ、読もうとするボケ爺が言語障害なのか? この意味不明が現代の流行の哲学なのか?

<読書>

「勉強の哲学」千葉雅也 文芸春秋

副タイトルに、来るべきバカのために、となっている。大いに期待して読んだが、がっかりした。タイトルからして、「勉強するには哲学がいる」と読めるが、何処にも哲学らしき内容が無い。が、「勉強するためにはノウハウがいる」、となる。所謂、ノウハウ本である。ノウハウ=哲学? 「現状に流されることなく」、「自己破壊の覚悟で、勉強を続けろ、研究を深く掘り下げろ」との平凡なことを、哲学と称して、哲学をゴマ化すためか、カタカナの、それこそ流行語を使って、もっともらしく述べているだけだ。こんなことは「漱石の個人主義」を読めば、もっと説得力のある言葉で読み取れる。著書の言う通り、副タイトル(言語の意味の挑戦)が、顧客受けしただけだ。この本を読んでどれだけの人が理解できるだろうか?多くは言語の遊び、アイロニーとユーモア、そのものだ。要は、幅広く、深く、読書することだ、といているに過ぎない。「哲学」の意味も地に落ちた。騙されたボケ爺が悪い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

初冬なのか?

 いい天気だったので、庭の残りの剪定をすることにして、嫌々ながら重い腰を上げた。例年の一か月遅れである。11月の初めに、玄関周りの、通行人から見える所は終えた。ここは、常緑樹が多く、季節感を感じることは少ない。今では、千寿、万寿の実の赤さが目に染みる。

 今回の剪定の一番の目的は、モミジである。ヤマモミジの紅葉が終わって葉っぱが落ちたところで剪定すれば、葉っぱ分、燃えるごみが減る作戦である。今年は、いまだに紅葉の葉っぱが残っている。実感と同じで、秋が極端に短くなったのだろう。これは年々の事である。市のごみ袋LL(45L)袋で、4杯も出てしまった。

わが家にはイチョウは無いが、都心の紅葉ではイチョウの黄色が美しい。今年も師走の半ばだと言うのに、やっと色づいている。年末までに、散り終えるのだろうか?ここのところの寒さで、大丈夫だろう、と思うが、心配している。

 ボケ爺の剪定の姿を、あざ笑うように、ムクドリがキーと叫ぶ。ムクドリの秋の鳴き声は気が狂っているのか、それとも、ボケ爺の腰を心配しているのだろうか?

 午後は、日向ぼっこしながら気楽な本を読む。のどかな一日である。

<読書>

「草笛物語」葉室麟 祥伝社

何をもって自分は生きるのか?の主題に書き続ける作者は、江戸時代の社会構成の中で、現代に照らし合わせ、いろんな局面での物語を展開する。今回も、派閥争いの展開で、自分はどんな場面で正義を貫けばいいのか?その正義とは何か?自害していった先輩たちの思いを測りながら、それぞれに自己確立を目指す正義を提案しようと試みている。イササカ単純で、いて意味の浅さが目立つ物語となっている。寡作の為か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

うっかりとして!

 このボケ爺は、持病持ちである。高血圧、痛風。いずれも薬を飲み続けなければ、再発する。よって薬を飲み続けていれば、安定はしておれる。他は、今のところ危険性はなさそうである。

 先週の金曜日に、古い友人から誘われて、東京駅の近くのイタリアンレストランに誘われた。彼にとってはとっておきの、気に入ったレストランである、と言う。つまり、安くておいしい、と言うことらしい。4時半から飲み始めているから、出来るだけ早く、来いとの事。

 つまみは少しだが、なるほど珍味が多く美味しい。ボケ爺は、お酒が弱い、がワイン1本空けてしまった。彼は2本で平気だ。気分良く、帰り、ぐっすり眠り、翌朝は爽快だった。が、その夜の血圧の測定値で異変が発生していた。血圧が15ほど高くなっている。それが一昨日(5日間)迄続いた。昨日、今日は平常値に戻った。これで一安心。

 その理由を考えてみるに、生野菜のつまみがなかった。生ハムが二種、干し魚塩漬け(酢漬けではない)、ソセージ、塩が利いたチーズをジャムでいただく、ウ二、牡蠣、塩分の取り過ぎだと簡単に分かる。彼の選択だ。なるほど、高血圧の最大の原因は塩分の取り過ぎだ。

 これからの年末には、忘年会が多くなる。二日酔いにならない方法は、「オイルファースト」だ、と言う。脂っこいつまりをはじめに詰め込むこと、良いらいしい。本当か?ボケ爺は、牛乳を飲んで出かける。血糖値の上昇には、「生野菜ファースト」だが。

<読書>

「「マコトよりウソ」の法則」外山滋比呂 さくら舎

むかし、むかしのおとぎ話は、ウソがまかり通る。英語では、「Once upon a time」。いずこも、ウソがまかり通る。ウソこそ強きものは無い。ウソの構想は、一種のideaである。ウソのideaが確立すれば、真、事実よりも強くなる。ウソで固められた歴史までも超えて受け継がれる。その真偽性に反発して、科学が生まれる。何とも楽しき法則だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

いつの世も矛盾だらけ

 社会の規範と人が生きる矛盾に悩んだのが漱石。考えれば考えるほど矛盾に満ちた現象に悩んだヘーゲル。

 「コーヒーは寝る前に飲め、ビールは朝に飲め」と言う本を見つける。世の常識と矛盾する。著者は、「一日に3Lの水を飲め」と叫ぶ医者の馬淵知子氏である。一日に3Lは、多分、飲みきれない。2Lまでだ。

 コーヒーを朝飲むと、コルチゾールの分泌が抑制されて、本来得られるはずだった覚醒効果が失われてしまう。すると、眠気が覚めない、と言う。今までのカフェインの効能と反対だ。 ビールは低GI食品のひとつだ。GIとは血糖値の上昇スピードを数値化したものである。GI値は最初に胃に入れるものに左右されるため、「とりあえずビール!」は、正しい判断だと言える。

1)コーヒーとビールは正しい飲み方を守れば、自律神経のバランスを整えて、仕事のパフォーマンスを高めるのに大いに役立つ。
2) コーヒーは、体内のコルチゾールの分泌を邪魔しない時間帯に飲むようにすると、覚醒効果が得られる。
3) ビールには代謝を高める働きがあるため、食事と上手く組み合わせれば、ダイエット効果が期待できる。
4)コーヒーとビールの効果を得るには、十分な水分補給が大前提となる。

 朝からコーヒーに変えてビールを飲めば、酔っ払ってしまって、仕事は出来ない。夜コーヒーを飲めば、眠れない、寝不足だ。さて、この矛盾を皆様はどうしますか?

 馬淵論法は、まだまだ、ダイエット効果まで続く。ビールも、コーヒーも飲んでいないので、立ち読みは、疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月25日 (土)

LEDのリバウンド

 省エネ光で、LEDは歓迎されて、街の街頭から、家庭、液晶のバックライト、など、その用途は広い。一方、LEDは紫外線のエネルギーが高い。その分人体に悪いらしい。光を測る従来のセンサーは、紫外線の感度に弱い。よって、LEDの光の強さでは、街の繁栄の実態は分からない。

 一方、地球の光を測って、経済の成長や、不況を調べて、その情報で利益を得ているベンチャーが居る。そのベンチャーの最初の成果は、石油の埋蔵量の調査であった。石油の貯蔵タンクのタンクのふくらみ具合を、AI技術を駆使して調べたら、石油メーカの情報とは違って、埋蔵量は結果的に倍ほどあったらしい。石油危機は起きない、と分かった。それが石油の価格の下落に貢献したとか?

 そのベンチャーは、衛星映像から、モールなどへの車の出入りで、そのモールの繁栄度が分かるらしい。その情報でビジネス戦略に活用されているらしい。そんなことから、LEDの光量で、地域や街の規模の拡大収縮を活用したいのだか、その光量は不正確で、そのビジネスに混乱が生じているようだ。マー、いろんなビジネスがあるものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

ブラックバーゲン・デイ

 昨日は勤労感謝の祝日。今更ではないが、米国で言うサンクスギヴィング・デイ(収穫感謝祭)と同じ日にしたのは?これも輸入品か?どこから、アメリカから?

 昨年までは、勤労感謝の日に大々的なバーゲンセールスが行われることはなかったと思う。今年はブラックバーゲン、とか言っている。ブラック企業(販社)が、何か悪いものでも売るのかと思いきや、ブラック、つまり、黒字化、と言う意味だそうだ。

販売会社が儲かってもらってはいけない、出血大セールスが常識だろうに。出血は赤い血だ。それを黒字、と銘打ってセールスするのはいかがなものか?これもアメリカの輸入品である。いったい日本オリジナルは無いのか?アメリカは、大昔から華やかだったが、近年ますます派手になり、Xmasセールスと均衡しているようだ。日本の勤労感謝の魂はどこに行ってしまったのか?

日本は安倍首相が、調子に乗って、アメリカの言いなりになっているが、今に、日本抜きの大革命が起きるだろう。アメリカの意識は、やはり中国だ。航空の運用を見ても変化が起きている。成田空港を避けて、中国への直行便が増えている。ボーイング機が増えている。南沙諸島の軍事化に、トランプも黙る。フィリッピンは容認してる。

「反知性主義」森本あんり 新潮選書

副題が、アメリカが生んだ「熱病」の正体、となっている。キリスト教の歴史を顧みながら、反知性を、その宗教の中に、これが宗教と言えるのか、と言う開き直りの事である、らしい。知性とは、知能とは違い、知能を操る。宗教を基盤に利用して、「人生のコーチ」化している。祈りを捧げれば、仕事の能力が向上するとか、恋は成熟するとか?これが反知性活動だそうだ。さて、日本では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

帰国の朝

 ホテルを4時半に出発。零度である。リムジンは正確に迎えに来てくれる。リムジンは実に快適である。ドライバーは、いつも蝶ネクタイ、黒か紺のダブルを着ている。ドアの開け閉め、荷物の積み込み、降ろし、実に丁寧だ。1ドルでは悪いかと思いながら、2ドルを差し出す気にはならない。ケチだからか。4時30分の朝は0℃。

 不思議に定時に離陸。6時だ。シカゴ市街の明かりの見える少し前に、朝日が昇る。上空だからだが。マイナス1℃らしい市街は、静まり返ってるが高速道路は車でいっぱいだ。それにしても、飛行機が2重3重に、飛び交っている。ラッシュなのだろう。並行して着地の飛行機が隣を飛んでいる。サンフランシスコ空港を思い出す。

 土曜日の夕方、4時45分着が、15分遅れ。想定内も遅れだ。暖房はアメリカより強い。厚着をしていたボケ爺は、汗がでる。アメリカ人は、温度に鈍感なのだろうか?空港でも、Tシャツ、半パンの男性が見受けられる。

 自宅の駅から、自宅までは、体が震えるほど寒い。5℃までは下がっていないだろうが、レキシントンより寒く感じる。どうしてだろうか?厚着をしていてよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

帰国の朝

 ホテルを4時半に出発。零度である。リムジンは正確に迎えに来てくれる。リムジンは実に快適である。ドライバーは、いつも蝶ネクタイ、黒か紺のダブルを着ている。ドアの開け閉め、荷物の積み込み、降ろし、実に丁寧だ。1ドルでは悪いかと思いながら、2ドルを差し出す気にはならない。ケチだからか。

 不思議に定時に離陸。6時だ。シカゴ市街の明かりの見える少し前に、朝日が昇る。上空だからだが。マイナス1℃らしい市街は、静まり返ってるが高速道路は車でいっぱいだ。それにしても、飛行機が2重3重に、飛び交っている。ラッシュんなのだろう。並行して着地の飛行機が隣を飛んでいる。サンフランシスコ空港を思い出す。

 機長のアナウンスで、20分早く到着だという。今まで、いつも遅れるにかかわらず?1時間ちょっとで、20分はないでしょう、と思っていたが、ゲート近くで待たされ、それでも、10分は早かった。

 あまり早かったので、国際飛行のUA航空のラウンジは開いていない。国内線のラウンジに戻って、暇をつぶそうとしたが、広いラウンジの席がない。

 土曜日の遅く成田に着陸の予定だ。遅れないことを祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年、最後のレキシントン

 寒さは日々続く。今日は朝方、晴れていたが、午後から曇って気温は上がらない。一部の広葉樹の紅葉は散り始めている。あまり美しくはない。

 昼は会社のカフェテリアが飽きて、外に出る。何が良いかとの呼びかけに、イタリアンを指定した。例のアメリカ式の郊外のモールの周辺に美味しいイタリアンがあると、で出かけた。まずまずの味で、なんと$7.99と安い。マクドナルドのハンバーガーよりも安い。

 今回のプロジェクトの提案資料が、あまりにも良くできたので、トップもご機嫌であった。さて本当の実行が出来るのか?と思うが、担当者の皆はやる気である。期待したい。その事もあり、「今夜は打ち上げだ!」となり、ステーキハウスに押し掛けた。

 ケンタッキー市街には、5点ほどの良いステーキハウスがあるが、前回行ったNo1は避けてNo2に連れて行ってくれた。No1と同じように、高い。12~14オンスで、50~70ドルである。アメリカはいつの間に、こんなに高くなったのだろうか?30年も前だが、ニューヨークの5番街の有名なレストランに招待されたことがある。その時、最高の値が、確か38ドルであって、驚いたことがあったが。

 ケンタッキーは、バーボンの生産地で、アメリカの80%の生産地である。また、サラブレッドの生産でも、80%はこのケンタッキーからである。そのバーボンのオンザロックを楽しんだ。

アメリカは来週の週末のサンクスギビィングデイで、街の商店街は賑わっている。クリスマスの商戦はその後である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

レキシントンの朝焼け

レキシントンでの美しい朝焼けだ。昨日の天気予想では、今日は、曇り、時々晴れ、時々雨、と言う、てんこ盛りであったのだが。寒さは続く、今朝も2℃ほどであるが、風が無い分、そんなに寒くは感じない。

昨日は、今訪問していう会社で唯一日本人の方と、ホテルの近くの日本食のレストランを訪れた。完璧な日本食の味がする。日本人の来店も多い。半数が日本人だろうか?レキシントンの市内には、1,000所帯の日本人が住んでいるらしい。25万人の都市にしては多い。日本食のレストランも10件はあるようだが、ここと、も一件だけがましだと、言う。意外に各種レストランも一通りそろっていて、数も多いとか。

日本の大手自動車工場が、レキシントンの郊外に出来てから、日本人が急に増えたそうだ。彼らは、約3年ごとに入れ変わっている、と言う

彼は、ここに住んで20年になるが、日本には帰りたくない、とのことであった。物価も安く、静かな街で、結構気に入っているらしい。息子さんは、近くのアトランタで働いているようだ。

今日の会議では、プロジェクトのまとめは、よくできた、とリーダーは満足していた。来月は訪問の必要はない、このプロジェクトはこれで終わった、と宣言された。しかし、次のプロジェクトで、来年からの契約を依頼された。また、頻繁にこのレキシントンに来ることになることとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧