2019年6月23日 (日)

漱石コード

 ダビンチコードが数年前に騒がれたが、漱石にも作品にもたびたび漱石コードが見え隠れする。これが漱石の恐るべき創造力のすごさである。

その中でも「坊っちゃん」が最も色濃く出ている。一般に、坊っちゃんは、青春小説ともいわれている。だが、隠されたコードを読み取ると、何と風刺小説となる。

日本は、江戸(徳川時代)から明治維新へ歴史は動く。山嵐(堀田)が「会津出身」で佐幕派である。戊辰戦争で会津は敗れる。「敗れた江戸は過去の世界」「勝ちの明治維新は近代」との図式でもある。漱石の留学体験の、英国の産業革命から生まれる格差社会を輸入した日本近代化の危うさの実情を批判したかったために仕掛けられたコードの一つである。さらに、この小説の中には秘められた記号がある。

1)坊っちゃんの松山での宿泊先の山城屋の雅号は、山縣有朋陸軍大尉が金儲けをしていた時の悪徳の商社「山城屋」と同じ。

2)坊っちゃんらの散歩の途中で松が話題になる。山縣が京都に無隣菴を作り「松」2本を植え、「天皇の松」と、権力の象徴に利用した。

3)赤シャツの「マドンナ」は、山縣が囲っていた妾、芸者出身の「貞子」を指している。

つまるところ、校長の狸が「山縣」、図学の教師の野だいこが「桂」、教頭の赤シャツが「西園寺」、そのコードは、日露戦争の張本人たちへの批判が隠されていたのだ。

「坊っちゃん」は小説としてあまりにも凝り過ぎている。一種の失敗作か?それとも、漱石の創造力の豊かさを見せつけられたのか?だが、ボケ爺は漱石を愛す。

<読書>

「太宰治の辞書」北村薫 創元推理文庫

ダボハゼで本を読んでいると、良書に当たる、とはよく言ったものだ。久しぶりに感激した。①実に、文章が軽妙な文章。②実に、微に入り細に入り気が付くものだ。③実に、多読であり、記憶力が良い。など。ボケ爺は、文面から作者は男性だと思っていた。読み始めて、「軽妙な文章」は、女性でなくては展開できない(女性の井戸端会議的)、と確信した。すると、文中で、「私の婦人」と暴露する。なるほど、すべてが氷解、この作品は女性でなければ書けない、と。さらに得られたのは、「芥川、太宰の発想力の魅力」の発見である。

 

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

漱石の女性像

 漱石の発想法を研究している。ある業界紙にコラムを依頼されてのことだが。「漱石のビジネス脳」と「漱石の創造性」である。月一回で、約3年になる。

 阿刀田高は、漱石の文豪としての能力は高く買っている。しかし、漱石の女性の軽視には腹が立つようだ、だから、漱石の人格を否定している。

 本当にそうだろうか?江戸から明治にかけて女性の社会進出は、主張する女性へと変化。それをいち早く小説に登場させて、「男・女・男の三角関係」から、女性の立場の向上を賛同するかのように男女関係をテーマにしている。多くは、強い女性を主人公にして、男が翻弄される物語が大半を占めている。

 漱石には、気になる女性は5人いたという説がある。嫂であり、京都のインテリ芸者であり。総じて美人である。だが理想とする女性像は、別にあるようだが。

「色の白い割に髪の黒い、細面の眉毛の判然(はっきり)映る女である。一寸見ると何所となく淋しい感じが起こる所が、古版の浮世絵に似ている」。「美しい線を奇麗に重ねた鮮やかな二重瞼をもっといる。眼の恰好は細長い方であるが、瞳を据えて凝(じっ)と物を見るとき、大変に大きく見える」。は、「それから」の美千代である。

「・・頬は何時もより蒼白く自分の眸人(ひとみ)を射た。不断から淋しい方靨(かたえくぼ)さえ平生(つね)とは違った意味の淋しさを消える瞬間にちらちらと動かした」。「・・・その唇の両端にあたる筋肉が声に出ない言葉の符号(シンボル)の如く微かに顫動(せんどう)するのを見た」。「行人」のお直(嫂)でる。

 漱石にしては最もエロチックな表現は、「昔美しい女を知っていた。その女に後ろから頸筋(うなじ)をなでて息を吹きかける」。女を感じさせるシーンがある。「文鳥」から。

夏目漱石の作品はそれぞれ奥が深い。まだまだ研究すべきことが多い。

| | コメント (0)

2018年3月23日 (金)

オノマトペ

 ボケ爺は狂ってきている。昨年、生後150年の漱石の研究をしている。技術家のボケ爺が狂ったのだ。その中で、漱石が晩年、目を付けたのが、芥川龍之介であり、中勘助であり、一高から東大まで、漱石を恩師としていた。

 漱石は、朝日新聞に「銀の匙」を推薦して、連載させた。ボケ爺は、大昔、中勘助の生きざまの本(その本は失念した)が出た時に読んでいた。銀の匙そのものを読んだわけではなかった。

 銀の匙は、オノマトペのてんこ盛りだと言う。だから、文章に含みが出てきて幅の広い情景が、良く浮かぶと絶賛するのが、「三色ボールペン」「声に出して読みたい日本語」で有名な「齊藤孝」明大教授である。

 オノマトペとは、擬音語、擬態語であり、繰り返すことのようだ。ぼちゃぼちゃ、とか、ぶうぶう、とか。ひょんひょん、ぱっぱつ、ぴょんぴょん、ゆらゆら、ふわふわ、しんしん、ぷりぷり、じゅうじゅう、ぱきぱき、などキリが無い。

 詩人の中原中也や、宮沢賢治、などが、多用したようだ。体験を音で伝えることは、解ろうとする範囲が広がる、と言う。最近のTVのグルメ番組など、これに相当するのか?

 銀の匙の中の、姉の動作で、「顎がふくふくとうごく」と人柄を表現している。確かに、「穏やかで親切な人」と言われるより解るような気がする。目がくるくるまわる、とか。ほたほたとしずくが垂れる、など。日本語は面白い?日本人でありながら日本語が分かっていない、と、「つくづく」後悔する。

<読書>

「娼年」石田衣良 文春文庫

女が男を求める。そのホスト(娼夫)として無気力な大学生(リョウ)が、女性の色欲の多彩さをこなす。それを通じて、男と女の不思議さ、と純愛の恋との狭間を描く。4月に封切になることで、読み返されているらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

ミーシャ展

 昨日は、一日雨。NHKの放映でたまたま見たミーシャの絵画の奥深さに引かれ、新国立美術館に出かけることにした。

 ミーシャは、ボケ爺にとっては、パリでのポスター、アール・ヌーヴォーであり、高価なスカーフの基になっているデザイナーとしか記憶していなかった。

1900年のパリ万博と言えば、夏目漱石のイギリス留学の渡航中に立ち寄っている。日本からも、多くの陶器、浮世絵を展示していた。明治政府も日本が世界への参入に力を入れていた時である。その時に、東欧のボスニア・ヘルツェゴビナ館の壁画の習作が残っている。最終的には「オーストリア館」となったのか?戦争の絶えない時期であった。

母国に帰った1912年ごろから、精力的に、大作(4mX6mほどの)を、十数年に、50点ほど描き残している。ここにも、天才は、執着、執念の人の痕跡がある。

人物画描写がリアルである。行く先の社会の不安であり、哀れ、懐疑であり、救いを求めるものであり、等を一人か、二人の人物を通して主題が描き込められている。

久しぶりに感動できた展覧会であった。隣で「国展」が開かれていたが、ミーシャに圧倒されて、それを見る余裕が生まれなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

日光にて

 2日は仕事をさぼる。NHKで日光の東照宮の改造が直ったらしい。平日だから空いているだろうと、35年ぶりに、出かけることにした。だが、空いているのだろうが、裏切られる。先ず東武電鉄の特急の座席は2電車待たなければならなかった。日光に着いた時は13時になってしまった。東照宮までのバスは、道路が込んでいて動かない。歩くしかない。

 40分ほど坂道を登った。確かに、素晴らしいくも美しく復元されていた。徳川家康の膨大な権力の力を見せつけられる。そこの文化が生まれるのだろうか?一つ一つに意味があり、それを表現する工芸に、奥ゆかしい芸術が含まれている。そう言えば、江戸時代は、徳川一族に200年も支配されて、武士と言うサラリーマンと、納税するその他平民とに分かれた組織は盤石だった。徳川だけが富豪になるしくみは、素晴らしいいアイデアである。

 経済成長はほぼ出来ていない。その中から、何か工夫をしたい、との人間の本能が、新しい文化、則、世界が驚くほどの、美術、音楽、芸能、が生まれている。特に浮世絵の世界は、世界の美術界を驚かせている。さらに、工芸では、寺社、神社に無限の創意工夫が生み出されている。

 極限的な言い方をすれば、経済成長と、文化の進歩は無関係だと言うこととなる。西洋とも同じように、一部にお金が集まり、そのお金が贅沢に、文化に注がれることで、ルネッサンスが生まれる。不思議な思いを日光で考えた。

 3時間の散歩で、ボケ爺の歳では無理をした。さて明日からは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月26日 (木)

ピカソに学ぶ

 「ピカソ」粟津則雄 生活の友社 =20世紀美術断想=を読む。目から鱗。今までのボケ爺は、ピカソは天才だ。訳が分からない構図、色彩で、要は抽象画、と。世界の美術館で、ピカソの表層を撫で済ませていた。

 本箸の解説は違った。デッサンの時代から、青の時代、桃色の時代を経て、突如「アヴィニョンの娘」の時代を「創造と破壊」を繰り返した。

「ゲルニカ」の創作時代の苦難の創造の道のりを過ぎてからは、「宮廷の官女たち(ベラスケスに)」「マネの「草上の昼食」」の時代、「画家とモデル(レンブラントとサスキア)の時代、作者の発想に自分流の解釈を加える作風へとたどり着く。

 ピカソの作風は、「創造と破壊」の画家である。ある画風に集約できる人ではなかった。時代と共に、自己の過去を破壊して行った。更に、一枚の絵を描く時に、習作?を何枚も書き構想を練ってゆく。つまり、試行錯誤の数が多い。試行錯誤中の絵も作品だが。そこに意味がある。多くはキャンパスの中で修正する。

 これに似た人は、夏目漱石だ。短編集で、試行錯誤している。エッセーでも、手紙でも。兎に角、多作を本望とし、それをもとに、更に発想を変更する。創作ノートも立派に存在する。

 技術家は、創造性、発想力、表現力が命だ。他には、正確な実験力、検証力も。つまり、「演繹と帰納」となる。その想像力、発想力、表現力は、ピカソに学び、漱石にも学ぶ必然を認識した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月23日 (火)

珠海市のレストランで

 先週は珠海市に居た。中の上程度のレストランで面白い光景を眺めた。7名ほどの若い女性どもが、我々の隣のテーブルを囲んだ。これはうるさくなると、と現地の者も、顔をしかめた。が、何時まで経っても静かである。

 それもそのはず、全員がスマホをいじっている。何時までもいじっている。勿論、料理の注文はしていた。料理も運ばれてくる。黙々と食べ、黙々とスマホを操作している。遠いテーブルでは、年取った親父どもが、大声を発している。その隣は、おば様族だ。当然、喧嘩しているようなにぎやかさだ。

 日本の電車の中は、スマホと格闘している人が、半数以上で、真に必要な連絡は、1割程度。残りは、どうでも良いご機嫌伺いのSNS、ゲーム、買い物、レストランさがし、有名人のゴシップさがし、等の情報収集。

 信州大の学長の入学式の「スマホを止めますか?信州大を止めますか?」の名セリフを思い出した。

大家壮一の「一億総白痴化」や、漱石の「私の個人主義」を思い出す。漱石は、文明が進化すれば、「人を幸せにしない」。文明は、「自由と競争」を作る。経済効率を優先して、無駄が嫌われる。民主主義が進めは、価値観の多様化は、「画一化」される。デファクトされる情報であり、それが現在のスマホが促進させる。だから「自己本位」に至る。

<読書>

「場末の文体論」小田嶋隆 日経BP

純粋のコラムである。長文のコラムである。ニヒルなコラムである。個性むき出しのコラムである。文体論と、なっているが、何が「文体論」か、解らなかった。「場末」であることは理解できる。日本の「堕落の大衆化」を皮肉っているからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 7日 (日)

日本語は悪魔の言語

 下記の著書を読んでいたら、タイム社が、日本語大特集を出版した時の話で、日本語は「悪魔の言語」と書かれていて、憤慨した、と言う。元々はキリスト布教で、日本に滞在したローマ人が、言った言葉だそうだ。ボケ爺、常々思うことは「日本語は論理的ではない」、と。

 ボケ爺は、文学はまるで駄目である。ビジネス上で話である。アメリカビジネスでは英語圏での論理の違いに悩まされた。と言うより慣例語彙が違うのであるから仕方がない。それより、主語の重要性である。日本語は主語を誤魔化す(省略する)、が英語圏は、主語が大切だ。動詞の変化までも違ってくる。

 同様に、韓国に5年、住んで、文法も、漢字文化も同じでありながら、文脈の進め方がまるで違う。意思疎通に誤解が常に起きるのは当然だ。日本人は韓国人を厚かましい、と言う。しかし韓国にはその理由がある。

 今は中国でのビジネスに関わっている。先日、エレベーターで、中国人の恋仲だろう二人が乗り込んで来た。「Excuse us!」と、二人称をしっかり言う。驚きだ。翻訳を通じて日中のコミュニケーションをしているが、聞き返されることは、やはり主語に関することが多い。

 著者は言う。日本語は、点と点で、海外では、線と線である、と。この点と点に、日本語の良さがあるのだ、と。行間を読んで察する、奥ゆかしさがある、と。文学なら分かるが、ビジネス上では、「通じない」、とボケ爺は反論する。

<読書>

「乱読はセレンディピティ」外山滋比古 扶桑社

30年にもなる「思考の整理学」は古典となった。70代から第二の人生と、またまた、著筆活動に専念している英文学者である。90歳を超えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

世界は均一化される?

 世界はユニホーム化、均一化してくるのだろうか?世界中の人間の価値観は同じなのだろうか?当然、多少の違いはあるのだが。価値観の前に、欲望は一点に集約されるのだろうか?

 毎月、中国を訪問しているが、高層ビルのアパートは、外観上は、世界共通の形をしている。間取りを見ても、同じような形である。大きな変化はない。自動車は、高級車から普及車まで、いろいろあるが、高級車に憧れて、金もうけの事を考えている。

 家電製品も、冷蔵庫、洗濯機、エアコンディショナー、台所製品も変わらない。水洗便器も、大差はない。無いものを求める発展途上の人々は、先行している人々の均質化した生活に憧れている。

 ファッションにしても、男性も、女性も、流行は、一瞬のうちに、波及していく。中国のそれも韓国のそれも、変わりはない。バスも、電車も、大なり小なり、ほとんど変わらない。

 中国人と話していたのだが、子供が、話を聞かなくて困っている、と。IT機器を欲しがり、外で遊ばない。人との交わりも少ない。大学を出た息子も、すぐに、仕事を変えてしまう、など。この現象も、世界中、同じ嘆きを聞く。先日のドイツでも。さて、次の世代は、どんな道を歩むのか?ボケ爺には関係がなくなったが。

<読書>

「快楽」青山七恵 講談社

初めて読む作家で、芥川賞作家。退屈な作品の一つである。だがそこに、女性心理のきめ細かなこころの表現を、満載に描かれている。一般の女性も、ここまできめ細かく気を使って行動しているのか?そうだとすると、疲れるね。女性の平均寿命が10年も長生きする理由が解らない。ボケ爺、ノー天気で良かった。長生きの為に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 8日 (火)

美のツボは何処にある?

美しい人を選んでください。美しい風景はどちらでしょうか?と、2枚の写真を見せられて、脳は判断に迷う。

 ロンドン大学の石津智大研究員、セミール・ゼキ教授が「美に付いて」の論文発表があったのが2004年で、みけんの奥で、血液量が増えると言う。どちらが「明るいか」とか、どちらが「良いことをしたか」などの道徳な「美」にも反応しているらしい。

 今までは、これらは、「セトロニン神経」などや、アドレナニンなどのホルモンの働きと思われていたが、血液量にも及ぶとなる。好きな行い、美しい行い、美しい人に合う。心地よい関係、など、生活習慣を変えなくてはならない。つまり好きなことを仕事とすべきである、と言うことだ。

<読書>

「芸術を創る脳」酒井邦嘉編 東京大学出版会

「美・言語・人間性をめぐる対話」との副題がある。芸術には人の心を引き付ける。何か普遍性があるのだろうか?飽きなく美を追求する中で、芸術は個別であるにもかかわらず、超越してくる。その超越を「人間性」と呼ぶ。創造的能力の秘密は何だろうか?①芸術は人間固有である。②芸術は人間の言葉を基礎とする。③美的感覚は心の支えである。「脳機構は、言語を司り、こころを創造する」=「美」。

こんな概念だけでいいのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)