« 2024年5月 | トップページ

2024年6月13日 (木)

遠藤章さんの訃報

 動脈硬化を引き起こす血液中のコレストロールを下げる物質が「スタチン」であることを発見した人だ。世界中でその物質(菌)が活躍している。「スタチン」は、悪玉コレストロール(LDL)を下げる。スタチンから開発された薬は、世界100カ国以上で販売。服用者は数千万人に上るとされ、「世界で最も売れている薬」の一つ。

 ボケ爺は、以前からBlogで持病の恥を披露。心臓循環系が弱い。心臓に張り付いている3本の動脈の一本の根元にコレストロールが溜まり循環率が少々悪い、と医者は言う。ステンが必要と言う程ではないが、スタチン系の薬を飲み始めている。少々長生きできるかな、と未練がましいが。

 2006年に日本国際賞、08年にはノーベル賞の登竜門の米ラスカー賞を受賞。11年に文化功労者に、17年には医学分野で世界的な発見などをした研究者に贈られるガードナー国際賞を受けた。ノーベル生理学・医学賞や化学賞の有力候補とみられていた。冥福を祈る。合掌!

| | コメント (0)

2024年6月12日 (水)

都議会中の小池氏の都選出馬宣言は?

 東京都の小池百合子知事は12日、都知事選に3選を目指して立候補する意向を正式に表明。最終日を迎えた都議会「定例会」で、「もっとバージョンアップした『東京大改革』を進めていく。その覚悟をもって出馬を決意した」と宣言した。

 ボケ爺は、私的な3選の出馬宣言の場ついて、少々不思議さを感じた。何故か?産繊維出馬することは、あくまで私的な事情である。都議会の定例会議中は、あくまで公的立場である。つまり、公的な定例会議を利用して私的な発言は「選挙違反」にならないか?と思ったからだ。

 なぜ、公的な議会中に私的な発言が、知事だと許されるのか? バカなボケ爺にはどうしても理解できない。公的立場を利用して選挙を優位に運ぶ策略だろう。そんな策士を許して良いのだろうか?

  誰か判定できる人がいたら教えて欲しい。

| | コメント (0)

2024年6月11日 (火)

東京の入梅は何時?

 昨夜の天気予測では、今日の朝は曇り、午後から晴れる、だったと思っていたら、朝から、快晴である。梅雨が遅れているが、今後の大雨につながるのか?空梅雨で終わるのか?8月からの台風まで持ち越すのか?

 こんなつまらないことを考えながら散歩している。路地に咲いている「タチアオイ」が美しく咲き進んで一部では梅雨明けに頂点まで咲き進んで、梅雨が終わりを告げるか、すっかり狂い咲きではあるが、花色は美しい。薄ピンクの透明感のある花弁がボケ爺の好みである。

 その傍では、アジサイがいろんな色で咲き誇っている。アジサイも雨に濡れてこそ美しさが増すのだが、直射日光ではアジサイのせっかくの憐れみが人の心に響かない。残念。

 残念なことは、日本が誇る自動車産業のトップメーカ本体で、型式偽装不正が発覚し、豊田会長の言う「ブルータスお前もか」は、トップ企業の会長が第三者のようにいう事ではないが。系列会社虐めは、やはり本社機構にも及んでいたのだ。労働者は疲弊している。このままでは日本は自動車産業まで沈没する。「労働者を大切にする」ことを忘れた「失われた30年を取り戻す」ためにも猛反省して欲しい。

 金融機関にも情報漏洩を堂々とやっていたらしいが。異常天候は続くが、「異常な社会ひずみ」は、「異常な経済政策」と共に早く正常化して欲しい。

| | コメント (0)

2024年6月 5日 (水)

日本の競争力が低下する「本当の理由」

 日本企業の競争力が復活しない、バブル崩壊後の平成30年、失われた時代の分析は中途半端な現状で、さらなる不安が募る。一番、多い理由に「生産性の効率化」の未達、と言う。2番目が「DX化」の遅れ、技術力の低下、と続く。

 ボケ爺は、「投資」の投入をしないで内部留保に日本企業は走ったからだと、思っている。企業の成長にはまず投資が必要だ。イノベーションの実証にも投資が基本だ。DX化にも新しいシステムの導入に投資が必要だ、口先だけではDX化は進まない。生産効率向上にも投資が必要だ。(デフレ脱却に先ず、賃金を上げる、と同じように)

 投資指標では、1990年を基準にすれば30年後で、アメリカは2.7倍、カナダが2.3倍、イギリスは2倍、ドイツ、フランスはそれぞれ1.7倍ほど、日本は0.87倍。

 どうしてこうなってしまったのか?こんな中、経営者は生産効率を強要した関係で、品質偽装、会計不正、等、後を絶たない。今日では、トヨタをはじめ自動車企業は軒並み、品質不正、データ改ざんを起こしている。管理体制(ガバナンス)強化のひずみが蓄積してきた結果だ。残念な日本。

<読書>『日本の企業はなぜ「強み」をすてるのか』岩尾俊兵 光文社新書

日本は元々素晴らしい経営を実行していた。アメリカに迎合して、瞑想している、と主張。なるほど、と一瞬納得をするが。論理の組み立てが狭すぎる、経営を限定、①モノづくりに限定、②経営の実践論に限定。日本の企業の衰退の基本は「米国式会計」の押し付けからだ、とボケ爺は平成時代を回顧する。バブル崩壊で自信を無くした日本。「ヒト優先の経営」から「カネ優先の経営」へ。「価値創造」は「人が創出する」。

| | コメント (0)

2024年6月 4日 (火)

ひさしぶりの雷雨

 昨夜7時半ごろだったか、「バリ、と一声」、車(トラック)同士の衝突のような爆音が起きた。ボケ爺は、甲州街道に面した南東に窓の角部屋に引っ越ししている。3重窓だから車の通常の騒音は遮断される。1週間ほど前の朝、乗用車とトラックが接触して、女性が運転する中型車が歩道にはね上げられ、欅の幹に横パラをぶつけている。セブンイレブンのドアは無事だった。その時の衝突音は聞こえなかったのだが。

 スワ、大事故だ、と。窓から見えるのは横殴りの大雨で、周辺は静かである。パトカー、救急車も現れない。「不思議だ」と。聞き間違いかな、とTVに戻った。15分か20分後かに、稲妻と雷鳴が続いた。そうだ、「車事故と間違えた一声」は雷鳴だったのだ。あまりの短さな爆音だったので間違えたのだ。その後、暫く雷鳴は続いた。

 小学校時代の田舎での「雷のダイナミックさ」、を思い出した。子供部屋は東に窓があった。東からと南からの積乱雲がぶつかると、辺りは急檄に暗くなり、稲妻と雷鳴の競演が始まる。カーテンの隙間から恐々、だが楽しみだった。東方面には東芝姫路工場があり、避雷針が何本もあった。そこに落ちる雷は美しかった。

<読書>『思い出トランプ』向田邦子 新潮文庫

直木賞を含む向田邦子の短編小説集である。エッセイとはまた違った味に酔える。

<読書>『あ・うん』向田邦子 文春文庫

長編である。戦後混乱の生活苦悩時期の人間関係の妙味で、「劇場型小説」と言っていいだろうか。展開がポンポン飛ぶので熟読できないまま右往左往させられてしまう。だが読書後にジワ~と心に沁み込んでくる。心豊かな知識人だ。

| | コメント (0)

2024年6月 3日 (月)

東京の梅雨入りはまだ?

 この1週間は良く雨が降った気がするが。野川の水量は一向に増えない。どうしてだ。今日の野川の水量も昨日と大きくは変わらない。大きな真鯉が水面に尻尾はねあげて、餌(水草の根っこ)を悠然と漁っている。小魚は、じゃれているのか白い鱗を光らしている。

 朝の散歩も変化が少なくなっている。だが、今朝の6時半ごろにスマホが鳴き吠えた。地震だ、と跳び起きて着替えをして、TVを眺めると、能登半島だった。震度5強であると言う。元旦の5カ月後の特集番組があった後であった。複雑な事情があるらしく復興はまだ進んでいないようだ。高齢化、少子化、インフラの打撃が複雑にしている。

 都道府県の人口増は東京都と近県に偏っている。Uターン、Iターンを進めているが、進まない。コロナパンデミックスで、地方分散が進んだと言っていたが、元に戻ってしまったのか?報道に偏見があったのか?東京のオフィスビルは増え続けている。

 東京一極集中は日本国にとって経済に重大な欠陥となって崩壊は免れないだろう。そこに、直下型地震の危険が迫っている関東地域、それに富士山の大爆発も危機が迫ってくる、と思っている。今年も猛暑の夏がやってくる。

 等々、考えならの散歩は楽しさ低減である。今日の曇り空のように。

<読書>の『負け犬』志水辰夫 講談社

短編集である。愚連隊、スベ公、と呼んでいたヤクザ崩れの時代の仁義の切り方の8編である。死に至る負け犬と言われる人々の最後の負け方に、心が揺さぶられる。今人生があったのかと。ご冗談でしょう、と考え込みながら、うなずいてしまう人の弱さ。

| | コメント (0)

« 2024年5月 | トップページ