« 素敵な小春日和 | トップページ | ユニクロのレジの自動化 »

2019年11月18日 (月)

日本は資源国?

 日本は、意外に資源国だ、と思う。多量の資源があり、それを長く使える訳ではないが、要所要所で時代に必要な資源に在り付ける。もっとも古い時代では、「銅」「鉄」「金」と、日本の社会変革には、輸入しないでも賄うことが出来た。「金」に至っては原料ではないが、加工品にして輸出して、資金を稼いでいたとかの説がある。

 産業革命時代では、「石炭」がそうだし、それに、意外や「石油」も秋田で採掘されていた時代があったとか(ブラタモリ、秋田篇)。その内、世界の安い「資源」に負けてしまったが。日本は大陸から7000千年前ごろから分離されはじめ、今日の形になりながら、東からのプレートの圧力を受けて隆起してさらに火山活動が作用されて、資源が適当に賄えられた、のだろうか?

 日本は海洋国である。複雑な地形変化を受けたので、隆起しきれなかった海底にも多分、いろんな資源が埋もれている可能性は高い。その一つが、小笠原諸島、南鳥島の近くの海底である。不足を心配されているレアメタル(レアアース)の宝庫ではないか?と言われてきた。

 と言う事で、アメリカから10億円もの無人海底資源探索機(AUV)を購入して探索をするらしい。成功してほしい。埋蔵量が分かれば次世代の開発は明るい未来となる。過去を振り返り、きっと多量に見つかるだろう。楽しみだ。

<読書>

「夜の桃」石田衣良 新潮社

イササカ、がっかりした。谷崎潤一郎の審美化された神秘な男の性欲、でも無い。渡辺淳一の間接的なほとばしる男の性欲と女の機微、とも違う。この作品はかなり露骨な直接的な表現で満たされている。男女の性欲にのみ絡みを描いて人間性は無視、さらには、男の一方的で我儘な表現に過ぎない。岸恵子の「わりなき恋」とも違う。そこで、ミステリアスな結末で誤魔化そうと、が少々物足りない。

|

« 素敵な小春日和 | トップページ | ユニクロのレジの自動化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素敵な小春日和 | トップページ | ユニクロのレジの自動化 »