« 純粋機械化経済学 | トップページ | SNSで二極化? »

2019年11月27日 (水)

高級豚しゃぶ鍋

 昨夜は、接待を受ける羽目になり、虎ノ門の京都本店の高級豚しゃぶ鍋専門店に連れていかれた。接待を受けるなんて、10年ぶりだろうか?

 牛しゃぶしゃぶは現役のサラリーマン時代の外人接待では定番であった。招待する方であったのだが。しゃぶしゃぶが牛からスタートした事は、多分確かだろう。その後数年たってから、豚しゃぶしゃぶも流行りだした。安い店に入ると腹いっぱいにはなるが、油の灰汁取りに忙しく、疲れることが多かった記憶があった。

 ボケ爺の近くにしゃぶ葉があり、食べ放題だと言う事で、数年前に出かけたが、腹は膨らむが、なんせ食べることと灰汁取りに忙しかった記憶があり、味はどうだったか忘れた。。

 だが、昨日のお店は、そうではない。ポン酢ベースの汁だしの味が、うまみを引立てたことは言うまでもないが、薬味に白ネギを沢山刻んであり豚薄切りを一瞬の湯通し後、その白ネギをたっぷりと絡まして食べると、これが何と言うか、脂身を感じさせないさっぱりとした味に収まる。ねぎを何杯のお代わりをして食べ揚げた後の満足感は久しぶりだった。

 やはり高級な店は、それだけのことはある。今更ながら満足な食事に在り付けた幸福感を味わった。年取って健康に生きて、食べられることに感謝。

 

 

|

« 純粋機械化経済学 | トップページ | SNSで二極化? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 純粋機械化経済学 | トップページ | SNSで二極化? »