« SNSで二極化? | トップページ | 師走の仕事始め »

2019年11月30日 (土)

11月末日

 明日から師走。その前の日、雲一つない青空の、晴れ渡ったいい天気。だが、寒い。日中でも10℃に達しない。昼まえから風が少し出ていた。さて、木枯らし1号か?だがそれまでの風速は無さそうだ。

 玄関周辺を剪定したが、老いた体を叱咤激励しながら頑張ったが、手抜きが多くなってしまう。来春でいいや、と。間違えて切り落としてしまった木もある。ノコギリを使う肩は筋肉痛。燃える袋に木くずを片付けなければ終わらない。それが辛い。腰を曲げるからだ。

 だが、2階にあるリビングは日光が注ぎ、20℃近くで暖かい。これを小春日和と言う。うたた寝するには最高。難しい本を取り出して、読んだ振りをしていると気持ちいい眠気が襲う。しかし、ウツラウツラして見る夢は、ボケ爺がよだれを垂れる浮世絵版画と物語。特に美人画には深い物語を創造する。好いね!

<読書>

「江戸おんな絵姿十二景」藤沢周平 文芸春秋

版画の女絵姿を見てその版画に絵に描かれた物語を想像して、短編小説を添えた。12篇の短編小説である。一枚の絵画を眺めて、物語を想像することは、絵画の錯書の意図を知ることと、創造性を養うことに、大いに役立つ。藤沢の想像力は桁外れの読みの深さを発揮している。大変に、役に立つ作品となっている。

 

 

|

« SNSで二極化? | トップページ | 師走の仕事始め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SNSで二極化? | トップページ | 師走の仕事始め »