« ユニクロのレジの自動化 | トップページ | 山茶花梅雨 »

2019年11月21日 (木)

植物は動けないが、

 JST(日本科学技術機構)を聴講するために市谷へ。市谷から、飯田橋までの外堀の道はまだ効用とはなっていないが、先週と比べ、ツタ類がきれいな色付きを始めた。晴れている時は気持ちのいい散歩道だ。そのツタは散歩できないが、弦を伸ばして領域争いをしている。桜の木や松の木も自ら移動できない。枝を伸ばして陣地争いをしている。我が家の雑草は、年々雑草の勢力が変わる。移動できないのにかかわらず。実に不思議な植物(雑草)達である。

 植物は前代でウィルスにかかると、次の年は、早くから花を咲かせて、自分の遺伝を残そうとするらしい。寒さ、暑さの変動にも敏感に子孫を残すために代謝産物を調整して遺伝子を変更するらしい、と言う。例えば、早く花を咲かせたいなら、寒冷をさせると花は早く咲くとか、種が早く実るとか、逆もありうる、光を使っても良いらしい。動物なら、移動できるから、遺伝子まで変えることなく、場所を変える。

 遺伝子を変えるには、RNAによる書き換えを行っている。そのRNAの書き換えには、高メチル化誘導を行う、か、逆に脱メチル化を活用して書き換えを自在に操り、遺伝子を変更する、と言う。代謝系の操作で、いかようにも変更ができるらしいのだが。

 何とも分かったようでわからない。DNAを直接いじる遺伝子組み換えとは違い、生物が一般に行っている遺伝子維持を加速させるのが、メチル化の誘導、抑制の操作で行える。

 科学は、植物の心も操れるようになるかもしれない。

 

 

|

« ユニクロのレジの自動化 | トップページ | 山茶花梅雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユニクロのレジの自動化 | トップページ | 山茶花梅雨 »