« 中国製造2025は本当か? | トップページ | 日本は資源国? »

2019年11月16日 (土)

素敵な小春日和

 台風15号、19号と、秋に入ってからの災害で憂鬱な日々が続いている。天候も安定しなかった。昨日は北海道での猛吹雪。秋がすっ飛んで、すっかり冬便りが届くようになった。そんな中、東京は素敵な小春日和である。我が家の山茶花は、まだ、咲くには日にちが必要。

 だが、我が家の西のブロック塀にまつわり付いたツタの葉が黄色に紅葉し始めた。そう言えば、昨日の会議での新横浜駅近辺のケヤキは先端が結構に紅葉していた。新宿西の公園のケヤキは、まだまだで、東京の方が、温度差が少ないのだろうか?

 街はすっかりクリスマスのイルミネーションが飾りつけられている。未だ、皆の心は景気が良さそうではない雰囲気だ。消費税の増加、災害の後遺症、世間は一向に盛り上がっていないようだが。凶悪犯罪も徐々に増えてきた。さて、令和元年の暮れは無事に過ぎるのだろうか?

 天皇陛下のパレードの前夜祭の万歳三唱は「異常」であった。3回で終わるのかと思いきや16回も続いた。軍国主義の狂気をも感じさせられた。いったい誰が考え、何を意図したのだろうか?日本は、集団狂気の世界へと引き込まれそうだ。

 国会は、安倍総理の「桜を見る会」は、ボケ爺も思っていたが、「首相ヨイショの会」を公費で行うのはおかしいと。だが、さらには選挙の後援会で前夜祭を開き、5,000円で、すべてを賄う、とか。常識的にありえないでしょう。選挙法の違反は明らかだ。さて野党は何処まで尻尾を捕まえ、追及できるか?

 小春日和の中、リビングで、気持ちよくウトウトしながら、こんな夢を見た。

<読書>

「寂しい写楽」宇江佐真理 小学館

実に面白い、時代考査とそれを利用した創作は実に巧みである。発想が素晴らしい。愉快!写楽は無視されて現役時代は日の目を見なかった、それが「寂しい」での表現だった。同時代には、幾五郎(十辺舎一九)、春郎(葛飾北斎)、喜多川歌麿、倉蔵(滝沢(曲亭)馬琴)、伝蔵(山東京伝)、直次郎(太田南畝(蜀山人))らの駆け引きと、彼らに、斎藤十六郎兵衛(東洲齋写楽)の版画が無視される。

 

 

|

« 中国製造2025は本当か? | トップページ | 日本は資源国? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国製造2025は本当か? | トップページ | 日本は資源国? »