« RW-Cap、感動! | トップページ | 紅葉が始まっていた。 »

2019年10月24日 (木)

「てんやわんや」

 「てんやわんや」との言葉は関西弁か?先日のブログでも触れたのだが、明日(25日)どうしても長野県の松本市近くにある某企業との打ち合わせで訪問しなければならない。台風19号の交通網の被害状況から、今になってはキャンセルしても良かったのだが、一週間ほどあるから何とかなるだろう、と思っていた。

 中央線のあずさ特急が最も便利なのだ、普通電車が開通したので、25日には、あずさ、かいじは、復旧するだろうとタカを括っていた。これが駄目でも、中央高速バスが復旧しているか、少々時間が掛かるが、それで行こうとしたが、月曜日(21日)には、満員だと分かって焦った。

 仕方がない、北陸新幹線で、長野から松本へ(東海道新幹線で、名古屋から松本へ、もあるがこちらは時間もかかるし高くなる)と覚悟して、昨日、新宿のみどりの窓口に30分ほど並んで購入しようとした。だが、25日には、復旧する予定だから、今日発行する25日の座席指定は出来ない、何故なら、今日の予約便が変更される可能性があるから、と。それでは自由席で、と一様購入した。

 23日の午後に、北陸新幹線の25日からの復旧ダイヤが発表になった、とスマホでのニュースを見る。渋谷で、仕事上の人と会うことになっていたので、30分の待ち合わせ時間があったので、20分待って、窓口へ。すると、販売は明日(24日)の11時からです、と冷たくはねっれた。ネット上ではどこにもない。

 今日は、新宿のレンタルオフィスで待機、10時半、窓口に並んだ。あまり混んでいなくて、30分待つことになった。やっと、新ダイヤでの特急券を手に入れた。ア~疲れた。

 間違いなく座席指定券だ(往復とも)。あっちの窓口、こっちの案内口で確認したりの「てんやわんやの大騒ぎ」。一件落着。

<読書>

「日本の未来について話そう」マッキンゼー責任編集 小学館

=日本再生への提言= 松本までの切符を手に入れるまでに移動したり、窓口で待ったりした時間で読み上げた。400頁の大作だった。なるほど、と納得、すんなり滑り込んだのだが。失われた平成時代で活躍した日本人では、再生は無理だと再認識した。若者が暴れないと、明治維新を起こした時の様に。

 

 

|

« RW-Cap、感動! | トップページ | 紅葉が始まっていた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RW-Cap、感動! | トップページ | 紅葉が始まっていた。 »