« 雨宿り | トップページ | ツクツクボウシの朝 »

2019年8月24日 (土)

GSOMIAの破棄

 窮鼠猫を噛む、とはよく言ったものだ。韓国の日本嫌いは徹底している。劣等感と嫉妬からくる感情には理窟は要らない。日本は昔から朝鮮人として、侮辱をし続けたことを知らない人は居ない。嫉妬ほど人間の感情をゆがめるものは無い。このボケ爺は次男坊として兄貴に何かと嫉妬して、未だにその感情を拭い去ることはできない。

 韓国の政権は日本嫌い、日本対抗を利用すれば国民の好感度は上る。弱者韓国を熟慮した文政権は、韓国の将来のために日本嫌いを徹底して利用するだろう。それが、切り札の一つ、GSOMIAの破棄である。

 その理由は、①嫌日(嫉妬)。②アメリカには劣等感。③北朝鮮との仲を良くしたい。④文政政権のスキャンダル隠し。⑤経済の頼りの中国からも馬鹿にされる。つまり、四面楚歌。八方ふさがり状態なのだ。

 読みが甘い日本政府は、韓国民の感情を読み違えている。韓国は上から目線の日本に、ホワイト国(友好国)からの削除で、いよいよ嫉妬が噴出した。韓国民は常に、日本はなぜドイツのような謝罪が出来ないのか?と。韓国民は一致団結するだろう。

太平洋戦争の敗戦に向き合わず、中途半端な条約で済ませた付けが回っている。(昭和天皇の謝罪の意向を、時の政府は無視。初代宮内庁長官 田島道治の昭和天皇の「拝謁記」から)

喧嘩の収め方を知らない日本は愚かな喧嘩を繰り返す。

<読書>

「居酒屋の加藤周一」白沙会編集 かもがわ出版

加藤周一氏の論文は大変に難しい。和漢洋の教養を基本とし、評論、文学、思想、美術史、など。とにかく難しい。易しく講義をしてもらおうと、居酒屋で朝日新聞のその日の記事を話題にして、質疑応答の評論談議が行われた。その議事録。なるほど、居酒屋談義は易しい会話になっている。元々医学博士、これも居酒屋の酒の効能であろうか。

|

« 雨宿り | トップページ | ツクツクボウシの朝 »

コメント

暑い夏もようやく過ぎたように感じます.

欧州,米国の人からみると,日韓(韓日)の争いは,兄弟げんかのように見えるそうです.どちらが兄で弟かは見方に依りましょう.

投稿: Hana父 | 2019年8月25日 (日) 14時07分

Hana父>
お久しぶりです。お元気でご活躍、羨ましい。
このヤクザな喧嘩は続くでしょうね。
もっと大人の議論をしてほしいものです。

投稿: | 2019年8月26日 (月) 11時45分

>さん
>
>Hana父>
>お久しぶりです。お元気でご活躍、羨ましい。
>このヤクザな喧嘩は続くでしょうね。
>もっと大人の議論をしてほしいものです。

投稿: ボケ爺 | 2019年8月26日 (月) 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨宿り | トップページ | ツクツクボウシの朝 »