« まだPCは治らない | トップページ | PCが復帰 »

2018年9月16日 (日)

PCの無い日々

 朝から、ツクツクボウシのセミの鳴き声が強い。少し気温が高いのか?家のPCを開く、が、そこには反応しないといけないメールは来ていない。寂しくもある。

 PCの修理がまだ終わらない。2週間が過ぎる。その間、朝、夕だけ、メールを眺める。ほぼ一日のメール量は100件ほどだ。だが、アクションを必要とするメールは少ない。朝、夕で済む量だ。以前は、毎時間毎分、メールの受信欄に反応しているように思っていた。一日がメールのやり取りで終えている現状だった。それで仕事をしていると満足していた。

 PCの無い、今は、一日をどう過ごせばいいのか?考えてしまう。つまり、何も考えていないのだ。情報を受けてからアクションを起こしているだけで、「いつも受け身なのだ」。自ら考えて、先に先に行動を起こしていなかったのだ。大いなる反省だ。

 スマホでも同じなのだろう。どうでもいい情報中毒になり、取り返しのつかない、この情報依存性は、本当に害である。スマホ依存性の若者は、これからどんなクリエーティブな世界が作れるのだろうか?イノベーティブな日本の変革は、大丈夫か?

 先行して、考えて、アクションを起こしていなかった今までを大いに反省する。ボケ爺は受け身の仕事から、先行する積極的にイノベーションを起こそうと、時間の使い方を見直すことにした。反省、反省、反省しきり。

<読書>

「男坂」志水辰夫 文芸春秋

男盛りを過ぎて、下り坂を降りている。男は過去にはいろんな経験をしている。その思い出を思い出しながら、現状を受け入れることで、下り坂を楽しんでいるのか?否、人格に苦渋を受け入れている。ほろ苦い、ウエットなの人生をつづった短編集である。ボケ爺にも身に染みる話がある。

|

« まだPCは治らない | トップページ | PCが復帰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/67174706

この記事へのトラックバック一覧です: PCの無い日々:

« まだPCは治らない | トップページ | PCが復帰 »