« コンビニのゆで卵 | トップページ | 急用でマラッカ »

2018年8月26日 (日)

戻り猛暑

 漸く、猛暑も終わりかと思いきや、相次ぐ台風の襲来で、すっかり猛暑が舞い戻ってしまった。取り分け昨日(土曜)、今日と、格別の暑さだ。

 今、ジャカルタでアジア競技が開催されており、男子のマラソンでの高温での戦い方が、2010年の東京オリンピックに参考になると言う。今日の女子マラソンでも、盛んにそれを訴えていた。

 ボケ爺は、中国の珠海や、マレーシアのマラッカの夏を知っているが、東京の今日の猛暑とは、少々違った暑さだ。

 気温は大体30℃近辺で、35℃にはほとんどならない。それに、直射日光が全く違う。日本の直射日光は、肌を刺すようにキツイ。道路のアスファルトが溶けるほどだ。だが、南の諸国の太陽は、薄いオブラートに包まれているようで、刺すような直射日光ではない。

 ボケ爺のリビングは、2階にあり、その太陽の光をモロに受ける。室内はクーラーを止めると38℃近くにもなる。これでもか?と汗が全身から滴り落ちる。何枚タオルがあっても間に合わない。体内の毒物が出てくれることを望むのだが。

 ベランダのブドウは、今年は豊作ではない。ブドウの木が、歳を取って来たからだろうか。しかし、一房の密度は例年になく、高い。どうした変化だろうか?それに例年は、椋鳥に食べられてしまう。近所の雑木林が伐採されて、今年は椋鳥が居なくなって食べられることが無く、実際に、ボケ爺の口に入る量は、例年よりも多い。然も、高温で、甘味が増している。嬉しいことだ。

|

« コンビニのゆで卵 | トップページ | 急用でマラッカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/67097587

この記事へのトラックバック一覧です: 戻り猛暑:

« コンビニのゆで卵 | トップページ | 急用でマラッカ »