« レッドアイフライト | トップページ | お盆休み »

2018年8月 5日 (日)

猛暑の中のトカゲ

 少々、疲れているが、この猛暑では、何もする気が起こらない。思い切ってカフェで涼むことにして、朝10時ごろ、家を出る。庭に回って、庭木に変化がないか見て回った。

 その時、トカゲが数匹、慌てて逃げる。面白がって、その後を追う、が逃げ足は速い。いつも見る薄茶色、コンクリートの上では鼠色した、いつもよく見る10~15cmほどのトカゲである。田舎にもたくさん観ることがあった。しっぽを切って、いじめた思いを思い出す。都心ではヤモリ、イモリは観ることはない。

 坂道の隅っこに、しっぽが青色に輝くトカゲに逢う。派手な色彩である。58㎝ほどの全長だ。ボケ爺には初めてお目に掛かるトカゲである。実にきらきらと輝く美しい。コンクリートが暑いのだろうか、塀の日陰を逃げて行く。少し追っかけてみたが、逃げ足が速い、途中で見失ってしまった。

 家に帰った時、小学図鑑が残っていたので、検索してみたが、載っていない。Webで調べると、「ニホントカゲ」の写真があった。それがそっくりだ。間違いない。正確には、東日本では「ヒガシニホントカゲ」と言うらしい。すると、今まで見ていたのは、「ニホンカナヘビ」と言うトカゲだろうか?

 今年は、異常気象だからか、よくトカゲを見かけるのだろうか?ボケ爺が暇だからか?

|

« レッドアイフライト | トップページ | お盆休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/67024915

この記事へのトラックバック一覧です: 猛暑の中のトカゲ:

« レッドアイフライト | トップページ | お盆休み »