« 何処まで猛暑 | トップページ | 東京駅は植民地 »

2018年7月22日 (日)

民主主義とは?

 安倍一強で、政治がゆがめられている。民衆の多くの反対を押し切って、国会閉会直前に、3法案が通過しててしまう。

 森友・加計問題の政府と官僚との関係が不透明なまま説明責任は果たせない。これも、民衆は説明を強く求めている。このままの政治で日本はこれからどうなるのだろうか?

 選挙参加は約50%、その半分、つまり25%。民衆の25%あれば、なんでもできる今の国家の正義は成り立つのか?民主主義とは何だろうか?

 民衆は、諦めているのか?無責任だから、安倍政権はやりたいことが出来るのか?政治と、常識とは随分とかけ離れてしまった。残念な、今の日本。猛暑で頭が朦朧としている。

<読書>

「塑する思考」佐藤卓 新潮社

ボケ爺は、「塑する」と言う意味が不思議の思い、この本を借りることにした。読んでみて、なるほどと納得出来る。ボケ爺は技術家である。弾性学、塑性学を学んできた。それぞれは、重要なモノづくりでの学説である。もとに戻る弾性が必要だし、自在な形を作るのには塑性性が必要だ。著者はデザイン専門家である。デザインとは何か?の解説する、デザインするとは?などのエッセイだ。デザインは自我を持つ個性、と言う弾性的思考は間違いだ、と延々に論説されている。塑する思考法が必要だ、と。技術家のデザインとは、アイデアを具現化することである。弾性と塑性のバランス思考法が必要だ。

|

« 何処まで猛暑 | トップページ | 東京駅は植民地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/66975623

この記事へのトラックバック一覧です: 民主主義とは?:

« 何処まで猛暑 | トップページ | 東京駅は植民地 »