« 異常気象か? | トップページ | 西日本の豪雨災害 »

2018年7月 4日 (水)

結果が欲しかった

 3日の明朝の8強入りのサッカーワールド、ランキング3位とのベルギー戦。残念な結果に終わった。結果からすれば、勝てていた試合であったろう。

 普段なら3時からの試合は観なかったであろうが、ボケ爺は、時差が治らず、3時は目が冴えている。一部始終をTV観戦した。

 多くの報道は、日本の戦いぶりに好意的に報道させている。しかし、シュートの数,コーナーキックの数、ボール支配率、など、ベルギーが倍以上多かった。だから結果は負けていた。だが、幾つかの偶然が生まれた。何が起きるか分からないからたまらない。

 日本はカウンターから、後半の初めに、2点を「幸運」にももぎ取れた。その幸運さに気が付かず、西野監督は、冷静さを欠いてしまった。全試合で、皮肉な戦略を取って、賛否両論だったが、非難が心に疼くように残っていたのだろう。いくら冷静で、経験豊かな西野監督でも、人の心は、環境に支配される。つまり判断に間違いが出てしまう。

 一つの間違いは、選手の交代時期だ。また、その人材を間違えた。ベルギーが動いた後、その交代の人材を見て、①「すぐに動くべきだった」。前戦で使った②「若手を投入すべきだった」。

 二つ目は、記者会見で話した「3点目の可能性もあったので・・・」。前戦での試合のブーイングが、邪魔をして、冷静さを欠いた。「守りを否定」して、「追加点を模索した」。何故だ?

 「人の意識は流される」。環境が無意識を深部でうごめいて、判断を曇らせる。それが人間だが。

 結果が無ければ、何を語っても空しい。全ては言い訳になる。ボケ爺の経験から。

|

« 異常気象か? | トップページ | 西日本の豪雨災害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/66899669

この記事へのトラックバック一覧です: 結果が欲しかった:

« 異常気象か? | トップページ | 西日本の豪雨災害 »