« 土曜日の出発 | トップページ | めちゃくちゃ暑い »

2018年6月17日 (日)

乗り継ぎが遅れる

 ヒューストンの乗り継ぎは、15分ほど遅れたが、居ない乗車が出来た。しかしながら、目的地の途中で雷雨が激しいので、それが落ち着くまで出発が出来ない、と。畿内で45分待ち。その後、滑走路に出始めたが、途中でストップ。結果、元まで戻る、機体を変更するとのアナウンス。

 ボケ爺は、少々飛行機には詳しい。ゲートを離れて、エンジンを吹かす(エンジンの回転の調子を見るためだろう。)のだが、嫌な高音のノイズが出ている。エンジンを高回転しても、そのノイズは残る。いやな予感がした。結果はエンジン不良と言うことだ。

 機体から降りてしばら待っていた。最初はバスで連れってくれるとのことだが、歩けと言われ、テクテクと、約10分も歩く。そのゲートに着いても機体の準備は出来ていなくて、待たされた。

 結果は、無事Lexingtonのホテルに到着、真夜中の1時半であった。3時間遅れだ。今回もボケ爺には運が無い。さてこれからどうなるのだろうか?そのおかげで、1冊の本を読んでしまった。

<読書>

「生物学の基礎はことわざにあり」杉本正信 岩波ジュニア新書

実に面白い。生物の成り立ちがよく理解できる。すばらしい作品だ。この道に造詣が深いと如何に優しく伝えるか?が出来上がる。ジュニア新書を馬鹿にしてはいけない。「カエルの子はカエル」から始まり「人間万事塞翁が馬」で終わる。実に愉快だ。

|

« 土曜日の出発 | トップページ | めちゃくちゃ暑い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/66841264

この記事へのトラックバック一覧です: 乗り継ぎが遅れる:

« 土曜日の出発 | トップページ | めちゃくちゃ暑い »