« 天才はいる。 | トップページ | 隠蔽オンパレード »

2018年5月22日 (火)

連日の目覚まし

 連日、ウグイスの鳴き声に、目が覚める。何故か?わが家の近くで、泣き叫ぶからだ。

 昔は、西方に、大木を何本と竹藪を抱えていた家があり、有難くも、ウグイスが春にはやってきていた。(ブログにも何度かウグイスの思い出を寄稿していた)が、23年にその2本ほど大木を残して、全て伐採されて、その跡地に、アパートや、一軒家が6~7軒が開拓されてしまっった。その為、ウグイスはやってこなくなっていました。だが、実篤公園など、国分寺崖線の深い森には常駐していたのだが。

 この春は、この実篤公園や、若葉町図書館の近くの森には、飛来して、美しい鳴き声を鼓舞していた。最近、むかしの森で、時々、鳴き声が聞こえてはいたが。今年は少々変わっているな、と、ボーと思っていたが。

 昨日、今日と、わが家の庭を泣き叫びながら、実篤公園の方に大声で泣き叫びながら、通過する。その鳴き声の凄まじさに、思わず目が覚める。ほぼ同じ、朝の5時をちょっと過ぎたころだ。何か幸せを感じる。

 そう言えば、今年は、スズメの鳴き声もよく聞かれる。不思議なことだが。そう言えば、椋鳥の鳴き声は聞こえない。椋鳥の縄張りが変わって来たのか?駅までの道の途中に空き家があるのだが、その瓦屋根の中から、スズメの子供たちの若い鳴き声が賑やかである。確かに周りの様子は変わってきている。うれしい現象だ。

|

« 天才はいる。 | トップページ | 隠蔽オンパレード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/66748753

この記事へのトラックバック一覧です: 連日の目覚まし:

« 天才はいる。 | トップページ | 隠蔽オンパレード »