« 5月の連休最終日 | トップページ | インターネットの人体、脳 »

2018年5月12日 (土)

上野駅のハト

 先日、某会社の上野の営業所での会議で、久しぶりにJR上野駅に降り立った。少し早かったが、カフェに入るほどの時間でもなく、プラットフォームの東京駅方面の先端に沢山のベンチが用意されている。そこに座って、ボーと周りを見渡していた所、ハト2羽、しゃがんで、ジーとしている。大きな放送の声も、行きかう電車の音にも反応しない。

 一般には、ハトは、駅舎の梁に休息場所を確保して、糞の落下で困らせているはずだ。又、忙しく首を振ってウロウロと走り回って餌を探すのが習性だと思っていた。が、彼らは違う。その内、ボケ爺の座っている椅子の後ろから、米粒が飛んできた。すると、今まで眠っていたのかと思っていたハトが、何時の習性のごとく、首を振り振り、餌を突っつき始めた。

 なんだ、眠っていたのかと、思ったが、何だか様子がおかしい。姿勢が傾いているし、歩き方が素直ではない。忙しく動かしている足をよく見ると、指が一本、無かったり、曲がってしまっていたりしている。もう1羽加わったが、それも同じだが、軽傷らしい。すると又1羽やって来たが、それは健全な様子だ。すると以前からの住人の不健全者は、健全者を追いかけて追い出している。

 それにしても、動物の世界、何処も同じようだ。だが、このプラットフォームでのハトの生態と知っている人が、餌をやりに来るとは驚きだ。誰だろうと、ベンチから立ち上がったが、姿は既に無かった。遅れそうと、会議場まで走ってしまった。ボケ爺にとってセレンディピティな出来事だった。

|

« 5月の連休最終日 | トップページ | インターネットの人体、脳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/66712086

この記事へのトラックバック一覧です: 上野駅のハト:

« 5月の連休最終日 | トップページ | インターネットの人体、脳 »