« 「長いものには巻かれよ」とパワハラ | トップページ | 「秋霜烈日」(しゅうそうれつじつ) »

2018年5月27日 (日)

AI用半導体の競争

 日本からプロセッサーの半導体産業が消えてから随分と時が経つ。過去の栄光はどこへやら。日本の得意なモノづくりでは、スーパーコンピューターの開発は続けられている。特に、省エネタイプのスーパーコンピューターは、世界をリードしていたが、補助金不正で、その開発も止まってしまった。

 携帯で負けたのは、スマホ用半導体の開発が、日本では出来なかったからだ。TIから始まった画像処理に特化したプロセッサーのGPUである。が今では、「エヌビディア(NVIDIA)」が急伸している。(サムソンはアーム社のチップがあった)

 一方、インテルはプロセッサーの王者である、「ムーアの法則」が限界を迎える時期に、次の一手は、AI用プロセッサー半導体である。AI用プロセッサーでは「ディープラーニング」のソフトに特化されなければならない。

 インテルは、「ニューラル・ネットワーク・プロセッサー(NNP)」に注力している。インテルは、従来のCPUの変形型、プログラム型FPGA(アルテラ社)なども並行して開発を急いでいる。さらに、ドローン用の低電流の半導体を活用するモービルアイ(Mobileye)も買収している。

 NVIDIAGPUで、半導体産業の逆転を図ろうとする中で、インテルは従来のCPUを補完するASICで、守りを固めよとしている。

 GoogleTPUと言う半導体で、迎え撃つ構えである。さらに中国も半導体メーカー(ビットメイン)も参入してくる。

 さて、日本はディープラーニングで出遅れ5周遅れ。その競争の中に、日本の名は出てこない。寂しい。

|

« 「長いものには巻かれよ」とパワハラ | トップページ | 「秋霜烈日」(しゅうそうれつじつ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/66765881

この記事へのトラックバック一覧です: AI用半導体の競争:

« 「長いものには巻かれよ」とパワハラ | トップページ | 「秋霜烈日」(しゅうそうれつじつ) »