« LEDのリバウンド | トップページ | 東レ、貴方もか? »

2017年11月26日 (日)

日本の自動車業界までパラパゴス

 世界のトヨタが言う、EVは儲からない。だから燃料電池が出来るまで、引き伸ばしたい。が本音。いつでもEVに参入できる、と思っている。電池メーカは、トヨタ、と言えば必ず売るはず、と上から目線である。

 中国は、着実に、EV自動車化を政府が後押しをしている。自動車で世界をリードするための中国の戦略である。自転車もEV車になっている。電池充填機も至る所に出来ている。中国を度々訪問していても分かるここ1年の大変化である。

 日本のガラパゴスの代表は携帯業である。アップルがスマホを発表した時、日本は笑った。電話とインテ―ネットは別物だ、と。その為にガラ携帯からスマホに変革が遅れてしまった。見事に、ほぼ、日本の企業は撤退。完全に、全員死んでしまった。

 まだまだ、HV車で間に合っている、また、CO2排出は、電池の方が大きい、と屁理屈を言っているようでは、ゆでガエル日本の自動車は死に至る病を抱えている、と思わざるを得ない。

 日本の家電(特にTV)、半導体とならない様にしてほしいが、大変に心配だ。何故、危機感に欠けるのだろうか?

 ヨーロッパですら、EVだと、全力を出して突っ走っているのに。アメリカはテスラが頑張っている。問題は、電池戦略だ。標準化ではヨーロッパが先頭を走り、その世界地図も、中国がリードし始めている。電池のものつくりは日本のメーカも少しは追従できているが。変革の電池は、一歩遅れるだろう。AIもアメリカと比べ、5周遅れだ。残念なニッポン!

|

« LEDのリバウンド | トップページ | 東レ、貴方もか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/66089945

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の自動車業界までパラパゴス:

« LEDのリバウンド | トップページ | 東レ、貴方もか? »