« 日本の自動車業界までパラパゴス | トップページ | いつの世も矛盾だらけ »

2017年11月29日 (水)

東レ、貴方もか?

 東レ迄、規格(仕様)偽装とは、日本を代表する化学の名門までも、偽装問題を起こす。実に日本は腐敗してきている。材料、部品でしか生きていけなくなった日本の現状だっただけに、材料までも、品質隠ぺいでは、日本の物つくりの信用は地に落ちた。

 単に一部が腐敗しているでは済まされない。会計の不正から始まって、品質の不正、材料規格の不正、とどんどん奥(根本)へ、奥へ。物づくりの根本問題まで入り込んでしまった。しかも、これら不正の構造的問題も浮かび上がる。

 つまり、「子会社で起きた事」、とシラーと言う本社側の責任者が言う体質である。責任逃れの自己保全体質がますます強くなってきている。あるいは、神様仏様の本社のトップを擁護する体質も目立つ。これで良いのかニッポン!総無責任体質。

 また、事前に知っていたが、告発されるまで黙っていようと、申し合わせまでしている。

 これらの体質は、小・中学校の教育現場から、すでに始まり、はびこっている。教育の腐敗、つまり無責任教育から始まってしまっているのだ。根は深い。

 それに、政府も責任を取らねばならない。日本の総賃金を抑えるために、間接社員(契約社員、アルバイト、など)を増やし、賃金を抑える政策を推進してきた。

 いま、マレーシアの企業の顧問をしているが、材料は日本が一番と、言ってくれていたのに。マレーシアの企業の製品を購入している日本の企業から、立て続けに、日本企業の今回の不祥事件の企業の材料は使っていませんか?と問い合わせが入る。

 そのたびごとに、調査報告を出さなければならない。マレーシアの企業はうんざりしている。このままでは、「日本は信用できない。ヨーロッパ品に変えよう」、との動きがみられる。これは事実である。

 東レはボケ爺のあこがれの企業であったのに。

|

« 日本の自動車業界までパラパゴス | トップページ | いつの世も矛盾だらけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/66100616

この記事へのトラックバック一覧です: 東レ、貴方もか?:

« 日本の自動車業界までパラパゴス | トップページ | いつの世も矛盾だらけ »