« ブラックバーゲン・デイ | トップページ | 日本の自動車業界までパラパゴス »

2017年11月25日 (土)

LEDのリバウンド

 省エネ光で、LEDは歓迎されて、街の街頭から、家庭、液晶のバックライト、など、その用途は広い。一方、LEDは紫外線のエネルギーが高い。その分人体に悪いらしい。光を測る従来のセンサーは、紫外線の感度に弱い。よって、LEDの光の強さでは、街の繁栄の実態は分からない。

 一方、地球の光を測って、経済の成長や、不況を調べて、その情報で利益を得ているベンチャーが居る。そのベンチャーの最初の成果は、石油の埋蔵量の調査であった。石油の貯蔵タンクのタンクのふくらみ具合を、AI技術を駆使して調べたら、石油メーカの情報とは違って、埋蔵量は結果的に倍ほどあったらしい。石油危機は起きない、と分かった。それが石油の価格の下落に貢献したとか?

 そのベンチャーは、衛星映像から、モールなどへの車の出入りで、そのモールの繁栄度が分かるらしい。その情報でビジネス戦略に活用されているらしい。そんなことから、LEDの光量で、地域や街の規模の拡大収縮を活用したいのだか、その光量は不正確で、そのビジネスに混乱が生じているようだ。マー、いろんなビジネスがあるものだ。

|

« ブラックバーゲン・デイ | トップページ | 日本の自動車業界までパラパゴス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/66085853

この記事へのトラックバック一覧です: LEDのリバウンド:

« ブラックバーゲン・デイ | トップページ | 日本の自動車業界までパラパゴス »