« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月29日 (水)

東レ、貴方もか?

 東レ迄、規格(仕様)偽装とは、日本を代表する化学の名門までも、偽装問題を起こす。実に日本は腐敗してきている。材料、部品でしか生きていけなくなった日本の現状だっただけに、材料までも、品質隠ぺいでは、日本の物つくりの信用は地に落ちた。

 単に一部が腐敗しているでは済まされない。会計の不正から始まって、品質の不正、材料規格の不正、とどんどん奥(根本)へ、奥へ。物づくりの根本問題まで入り込んでしまった。しかも、これら不正の構造的問題も浮かび上がる。

 つまり、「子会社で起きた事」、とシラーと言う本社側の責任者が言う体質である。責任逃れの自己保全体質がますます強くなってきている。あるいは、神様仏様の本社のトップを擁護する体質も目立つ。これで良いのかニッポン!総無責任体質。

 また、事前に知っていたが、告発されるまで黙っていようと、申し合わせまでしている。

 これらの体質は、小・中学校の教育現場から、すでに始まり、はびこっている。教育の腐敗、つまり無責任教育から始まってしまっているのだ。根は深い。

 それに、政府も責任を取らねばならない。日本の総賃金を抑えるために、間接社員(契約社員、アルバイト、など)を増やし、賃金を抑える政策を推進してきた。

 いま、マレーシアの企業の顧問をしているが、材料は日本が一番と、言ってくれていたのに。マレーシアの企業の製品を購入している日本の企業から、立て続けに、日本企業の今回の不祥事件の企業の材料は使っていませんか?と問い合わせが入る。

 そのたびごとに、調査報告を出さなければならない。マレーシアの企業はうんざりしている。このままでは、「日本は信用できない。ヨーロッパ品に変えよう」、との動きがみられる。これは事実である。

 東レはボケ爺のあこがれの企業であったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

日本の自動車業界までパラパゴス

 世界のトヨタが言う、EVは儲からない。だから燃料電池が出来るまで、引き伸ばしたい。が本音。いつでもEVに参入できる、と思っている。電池メーカは、トヨタ、と言えば必ず売るはず、と上から目線である。

 中国は、着実に、EV自動車化を政府が後押しをしている。自動車で世界をリードするための中国の戦略である。自転車もEV車になっている。電池充填機も至る所に出来ている。中国を度々訪問していても分かるここ1年の大変化である。

 日本のガラパゴスの代表は携帯業である。アップルがスマホを発表した時、日本は笑った。電話とインテ―ネットは別物だ、と。その為にガラ携帯からスマホに変革が遅れてしまった。見事に、ほぼ、日本の企業は撤退。完全に、全員死んでしまった。

 まだまだ、HV車で間に合っている、また、CO2排出は、電池の方が大きい、と屁理屈を言っているようでは、ゆでガエル日本の自動車は死に至る病を抱えている、と思わざるを得ない。

 日本の家電(特にTV)、半導体とならない様にしてほしいが、大変に心配だ。何故、危機感に欠けるのだろうか?

 ヨーロッパですら、EVだと、全力を出して突っ走っているのに。アメリカはテスラが頑張っている。問題は、電池戦略だ。標準化ではヨーロッパが先頭を走り、その世界地図も、中国がリードし始めている。電池のものつくりは日本のメーカも少しは追従できているが。変革の電池は、一歩遅れるだろう。AIもアメリカと比べ、5周遅れだ。残念なニッポン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月25日 (土)

LEDのリバウンド

 省エネ光で、LEDは歓迎されて、街の街頭から、家庭、液晶のバックライト、など、その用途は広い。一方、LEDは紫外線のエネルギーが高い。その分人体に悪いらしい。光を測る従来のセンサーは、紫外線の感度に弱い。よって、LEDの光の強さでは、街の繁栄の実態は分からない。

 一方、地球の光を測って、経済の成長や、不況を調べて、その情報で利益を得ているベンチャーが居る。そのベンチャーの最初の成果は、石油の埋蔵量の調査であった。石油の貯蔵タンクのタンクのふくらみ具合を、AI技術を駆使して調べたら、石油メーカの情報とは違って、埋蔵量は結果的に倍ほどあったらしい。石油危機は起きない、と分かった。それが石油の価格の下落に貢献したとか?

 そのベンチャーは、衛星映像から、モールなどへの車の出入りで、そのモールの繁栄度が分かるらしい。その情報でビジネス戦略に活用されているらしい。そんなことから、LEDの光量で、地域や街の規模の拡大収縮を活用したいのだか、その光量は不正確で、そのビジネスに混乱が生じているようだ。マー、いろんなビジネスがあるものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

ブラックバーゲン・デイ

 昨日は勤労感謝の祝日。今更ではないが、米国で言うサンクスギヴィング・デイ(収穫感謝祭)と同じ日にしたのは?これも輸入品か?どこから、アメリカから?

 昨年までは、勤労感謝の日に大々的なバーゲンセールスが行われることはなかったと思う。今年はブラックバーゲン、とか言っている。ブラック企業(販社)が、何か悪いものでも売るのかと思いきや、ブラック、つまり、黒字化、と言う意味だそうだ。

販売会社が儲かってもらってはいけない、出血大セールスが常識だろうに。出血は赤い血だ。それを黒字、と銘打ってセールスするのはいかがなものか?これもアメリカの輸入品である。いったい日本オリジナルは無いのか?アメリカは、大昔から華やかだったが、近年ますます派手になり、Xmasセールスと均衡しているようだ。日本の勤労感謝の魂はどこに行ってしまったのか?

日本は安倍首相が、調子に乗って、アメリカの言いなりになっているが、今に、日本抜きの大革命が起きるだろう。アメリカの意識は、やはり中国だ。航空の運用を見ても変化が起きている。成田空港を避けて、中国への直行便が増えている。ボーイング機が増えている。南沙諸島の軍事化に、トランプも黙る。フィリッピンは容認してる。

「反知性主義」森本あんり 新潮選書

副題が、アメリカが生んだ「熱病」の正体、となっている。キリスト教の歴史を顧みながら、反知性を、その宗教の中に、これが宗教と言えるのか、と言う開き直りの事である、らしい。知性とは、知能とは違い、知能を操る。宗教を基盤に利用して、「人生のコーチ」化している。祈りを捧げれば、仕事の能力が向上するとか、恋は成熟するとか?これが反知性活動だそうだ。さて、日本では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

帰国の朝

 ホテルを4時半に出発。零度である。リムジンは正確に迎えに来てくれる。リムジンは実に快適である。ドライバーは、いつも蝶ネクタイ、黒か紺のダブルを着ている。ドアの開け閉め、荷物の積み込み、降ろし、実に丁寧だ。1ドルでは悪いかと思いながら、2ドルを差し出す気にはならない。ケチだからか。4時30分の朝は0℃。

 不思議に定時に離陸。6時だ。シカゴ市街の明かりの見える少し前に、朝日が昇る。上空だからだが。マイナス1℃らしい市街は、静まり返ってるが高速道路は車でいっぱいだ。それにしても、飛行機が2重3重に、飛び交っている。ラッシュなのだろう。並行して着地の飛行機が隣を飛んでいる。サンフランシスコ空港を思い出す。

 土曜日の夕方、4時45分着が、15分遅れ。想定内も遅れだ。暖房はアメリカより強い。厚着をしていたボケ爺は、汗がでる。アメリカ人は、温度に鈍感なのだろうか?空港でも、Tシャツ、半パンの男性が見受けられる。

 自宅の駅から、自宅までは、体が震えるほど寒い。5℃までは下がっていないだろうが、レキシントンより寒く感じる。どうしてだろうか?厚着をしていてよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

帰国の朝

 ホテルを4時半に出発。零度である。リムジンは正確に迎えに来てくれる。リムジンは実に快適である。ドライバーは、いつも蝶ネクタイ、黒か紺のダブルを着ている。ドアの開け閉め、荷物の積み込み、降ろし、実に丁寧だ。1ドルでは悪いかと思いながら、2ドルを差し出す気にはならない。ケチだからか。

 不思議に定時に離陸。6時だ。シカゴ市街の明かりの見える少し前に、朝日が昇る。上空だからだが。マイナス1℃らしい市街は、静まり返ってるが高速道路は車でいっぱいだ。それにしても、飛行機が2重3重に、飛び交っている。ラッシュんなのだろう。並行して着地の飛行機が隣を飛んでいる。サンフランシスコ空港を思い出す。

 機長のアナウンスで、20分早く到着だという。今まで、いつも遅れるにかかわらず?1時間ちょっとで、20分はないでしょう、と思っていたが、ゲート近くで待たされ、それでも、10分は早かった。

 あまり早かったので、国際飛行のUA航空のラウンジは開いていない。国内線のラウンジに戻って、暇をつぶそうとしたが、広いラウンジの席がない。

 土曜日の遅く成田に着陸の予定だ。遅れないことを祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年、最後のレキシントン

 寒さは日々続く。今日は朝方、晴れていたが、午後から曇って気温は上がらない。一部の広葉樹の紅葉は散り始めている。あまり美しくはない。

 昼は会社のカフェテリアが飽きて、外に出る。何が良いかとの呼びかけに、イタリアンを指定した。例のアメリカ式の郊外のモールの周辺に美味しいイタリアンがあると、で出かけた。まずまずの味で、なんと$7.99と安い。マクドナルドのハンバーガーよりも安い。

 今回のプロジェクトの提案資料が、あまりにも良くできたので、トップもご機嫌であった。さて本当の実行が出来るのか?と思うが、担当者の皆はやる気である。期待したい。その事もあり、「今夜は打ち上げだ!」となり、ステーキハウスに押し掛けた。

 ケンタッキー市街には、5点ほどの良いステーキハウスがあるが、前回行ったNo1は避けてNo2に連れて行ってくれた。No1と同じように、高い。12~14オンスで、50~70ドルである。アメリカはいつの間に、こんなに高くなったのだろうか?30年も前だが、ニューヨークの5番街の有名なレストランに招待されたことがある。その時、最高の値が、確か38ドルであって、驚いたことがあったが。

 ケンタッキーは、バーボンの生産地で、アメリカの80%の生産地である。また、サラブレッドの生産でも、80%はこのケンタッキーからである。そのバーボンのオンザロックを楽しんだ。

アメリカは来週の週末のサンクスギビィングデイで、街の商店街は賑わっている。クリスマスの商戦はその後である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

レキシントンの朝焼け

レキシントンでの美しい朝焼けだ。昨日の天気予想では、今日は、曇り、時々晴れ、時々雨、と言う、てんこ盛りであったのだが。寒さは続く、今朝も2℃ほどであるが、風が無い分、そんなに寒くは感じない。

昨日は、今訪問していう会社で唯一日本人の方と、ホテルの近くの日本食のレストランを訪れた。完璧な日本食の味がする。日本人の来店も多い。半数が日本人だろうか?レキシントンの市内には、1,000所帯の日本人が住んでいるらしい。25万人の都市にしては多い。日本食のレストランも10件はあるようだが、ここと、も一件だけがましだと、言う。意外に各種レストランも一通りそろっていて、数も多いとか。

日本の大手自動車工場が、レキシントンの郊外に出来てから、日本人が急に増えたそうだ。彼らは、約3年ごとに入れ変わっている、と言う

彼は、ここに住んで20年になるが、日本には帰りたくない、とのことであった。物価も安く、静かな街で、結構気に入っているらしい。息子さんは、近くのアトランタで働いているようだ。

今日の会議では、プロジェクトのまとめは、よくできた、とリーダーは満足していた。来月は訪問の必要はない、このプロジェクトはこれで終わった、と宣言された。しかし、次のプロジェクトで、来年からの契約を依頼された。また、頻繁にこのレキシントンに来ることになることとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

冬支度のレキシントン

 先週は、シカゴの東南方面、飛行機で1時間ほどのところにある、このレキシントンは、日中でも0になるほどの寒さが続いたようであった。昨夜、真夜中にホテル着いた時は、2であった。今週は、5~8が最高温度であるようだ。

 今日のヘビーな会議が終わって、ホテルに戻る。眠気が襲う。初日の、今日の我慢が時差解消に大切だ。ので、ホテルの周りを散歩する。当然に寒いが、風が無いので、散歩には適している。このホテルはゴルフ場を持つ。一部を散歩するだけで約1時間はかかる。適当なエクササイズである。

この地域は松の木が多く、広葉樹は少ない。しかも、その紅葉は茶色に変化して美しくなく、ボストン地域の紅葉の美しさが懐かしい。ゴルフ場や、サラブレッドの野原の芝生も、今はまだ、深いグリーでむしろ美しさが目立つ。当然この時間でゴルフをやっている人はいない。ところどころの池に住み着いたかのカモが10羽ほど、我が物顔で泳いている。

ホテルのジムは機械の入れ替えで、今週は使用できない、と張り紙がある。突然襲う眠気を追いやるには残念な状況だ。毎月の出張で、ボケ爺の体は時差までもボケてしまっているのだが。

<読書>

「真夏の雷管」佐々木譲 角川春樹事務所

道察・大通警察署との副題がある。「笑う警察」から始まる道警シリーズの最新版である。パラレルに進む事件が絡み最後には一つに繋がる、作者独特の構成である。最初は、少々ゆったりとしているが、後半は一気に確信に突き進む迫力は、すごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

立冬が過ぎて

 先週の3日の文化の日は比較的天気も良く、のんびりと朝を迎えた。庭の灌木の剪定をせよと、ムクドリの悲壮な叫び声を聞くに及んで、なんだか嫌な気分になったが仕方なく、重い腰を上げて、庭に出た。例の猫の額ほどである。決してボケ爺の後退した額の広さではない。

 百日紅は、二枝の先端には、ピンクの花が、まだ残っている。まだ切らないでくれ、と耳打ちをする。ので、残しておいた。いつの間にか山茶花が咲いている。初めて見る山茶花だ。椿のような凛とした花びらで、3輪の開化である。ピンク色の透明感が色気を誘う。ボケ爺にも堪えがたい。

 毎年、少しずつ植物の生存の変化がある。木々に現れる病原体や、毛虫によって、被害を受ける。突然死もある。マロニエの木が、突然枯れる。花水木も枯れた。さらに柊木も枯れた。来年はどうなるのだろうか?

 今年は、雨が多かったので、一様に元気であり、寒さも遅れていたせいか?剪定するには、少々早い。ヤマモミジは青々としている。枝垂れ紅葉は、てっぺんから3割程度色好き始めている。庭の方はあきらめて、玄関周りの常緑樹の無造作に伸びた枝打ちを勧めた。

 素人の剪定は、形が上手く整えられない。毎年の事と言え、学習力がない。脚立を使って、登っての剪定はいつまで出来るのだろうか?と、今年も考える。12月に初めには、残りの落葉樹の剪定を終えたい。

<読書>

「果つる底なき」池井戸潤 講談社文庫

江戸川乱歩賞の受賞作で、初期の作品である。は黒くは今とは変わりがない。各自の口調もよく似ている。しかし、かなり奥深いミステリーとなっている。銀行の組織の闇を抉りながら、殺人の仕掛けに、ひと工夫が現れる。読み応えのある作品だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

NHKは狂っている

 トランプ大統領の来日のニュースで、NHKの騒ぎぶりは狂っている。おかしい。NHKとしての「ジャーナリズムの思想、魂」は無くなったのか?最も保守派の朝日新聞でも、トランプ大統領と、安倍首相の蜜月に、疑問を挟んで、批判している。

 しかし、NHKの「ニュース7」女子アナウンサーの騒ぎぶりも異常だが、「ニュース・ウオッチ9」の男女二人の狂乱ぶりの話し方も、その内容も、幼稚園の演芸会の様で、とにかく狂っている。これで良いのかNHK

 このようなフザケタ放送だから、国民総ハクチに導く。外国メディアから馬鹿にされる。トランプ、安倍の蜜月の裏で何が起きてるのか?正しく把握してほしい。日本から金を取れるだけとれとばかりに、安倍を持ち上げ、日本を軍事国家にして、アメリアから、どれだけの税金をもぎ取られればいいのか?アメリカ製の武器や、軍人の人件費、などに。

 北朝鮮から始まる第3次戦争に日本を巻き込んで、前線の人材を日本人でカバーしようとしている。日本に来る前にはハワイ立ち寄り、「リメンバーパールハーバー」と、軍人に訴えている。これで良いのか日本!

 このままだと、ロシア、中国からコテンパに叩きのめされるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

大丈夫か技術力?

 ダイジョブか日本の技術力!日本経済の成長は、第一次産業革命から模倣の連続で、それをいち早く、速い速度で開花させることで世界2位のGNPにのぼり詰めた。それを日本技術立国が開化した勘違いして、進化を勧めた。その進化とは改善作業であった。それを、技術力と勘違いし、革命力と勘違いしてしまった。

モノつくりは成熟サイクルに入り、イノベーターが欲しいのだが、失敗を強度に恐れている。成果主義の人事査定は、チャレンジャーの無鉄砲な人材を嫌う。ビルゲイツだって、100回失敗して、1回の成功の確率だった。

あの東芝の中に、EV車時代のモーターに、ユニークな技術を持っている。それは洗濯機に使われていた。その技術を育成して、EV車に適用していけたら、世界で最高のモーターとなっていたであろう。誰もがそのチャンスを潰してしまう。あまりにも画期的だから、誰もが躊躇する。日本電産は、モーターに集中して、M&Aの経営力ですばらしい経営をしているが、普通の技術のモーターの深化しかない。革新力は?

コラムを頼まれて、今は、夏目漱石の研究をしている。その思想の行きついた結果は、個人主義である。その本質は「自己本位」と言うところに至りついた。漱石の目指した「100年の計」は、自己本位にあった。

漱石曰く、西洋の開化は内発的であるが、日本の開化は外発的、物まねの虚為であり、軽薄」「日本は自力で近代化したと慢心するな!」「模倣は個性を無くす。自分の意思を通す孤独に耐えることだ」即ち、自己本位とは「自分の意思を通す孤独に耐えることだ」と言う。死後100年たっても新鮮であり、生きた言葉である。

今になっても、日本の技術は模倣から脱することは出来てない。品質基準もISO9001の物まね、経営論もしかり、会計法も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

日立フォーラム、その2

 日立フォーラムの特別講演の外国からの招待講演は、内容が良かった。日本でも翻訳本が発行されている。何故こんなに淀みのない、無駄口の無い、聴衆者を引き付ける講演が出来るのだろうか?羨ましい。訓練をするのだろうか?それとも自分の考えで書き下ろした論理が、そうさせるのだろうか?

 1)ジャレド・ダイヤモンド教授(「銃・病原菌・鉄」の著者)「伝統と未来をつなぐ。~現在社会への提言~」であった。便利になった今日の社会では、人間性が失われてきている。このまま進めば、テロや、戦争で人類は破滅する。ここで、もう一度「フェース・フェースのコミュニケーション」を復活させよう、と呼び掛けていた。

 2)シアン・バイロック教授(「「首から下で」考えなさい」の著者)「アイデア創出のための認知科学入門~イノベーションとストレスの関係論~」での講演であった。ストレスは前頭葉の働きを阻害する。集中力を無くする。との2点の問題を抱えている。別の観点から、悲観的な考えが、意欲を無くする。「前向き思想が、アイデアを生む」。一人ではなく仲間を作り、会話を進めよ、と。1)に通じる話でもあった。

 東芝のようなチャレンジで、部下に恐怖を与えれば、違った考えは浮かばなくなり、前任者の真似でごまかすこととなる、と、なるほど良く分かる。

 3)入山章栄准教授「世界の経営学からみる日本企業のイノベーションの創出への視座」での講演だった。日本企業は、バブル、リーマンショック以降、失敗を極度に恐れている。「知の深化」は進んでいるが、「知の探索(考える種)」のような「見える金」にならないことは嫌う。これでは、イノベーションは生まれない。と断言する。消極的人間になるからだ。それを避ける唯一の方法は、「多様性のある人間」に代わることだ。マルチ経験者(異文化の学習)を処遇することだ、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 3日 (金)

日立フォーラム

 いつの間にか11月に突入。日立から招かれて、フォーラム(イノベーションの日立)に出席した。

この日の朝刊に、出鼻をくじく見出しで、日本経済新聞が、「瀬戸際の技術立国 新たな創造の循環を」との見出しで、「ニッポンの革新力、技術立国」に警告をしている。どう見ても、世界から見劣りがする。さて如何する。

このままだと、安倍首相の掲げる経済成長など、望みようがない。世界ビジネス環境の順位では、38位で、韓国の4位にはるかに及ばない。スタートアップ環境などは108位である。何おや言わんや!

 イノベーション力(革新力)は世界で最低順位、EV車は2周遅れ、AIは5周遅れ。物真似力すらも無くなってきている、と世界が日本を嘆いている。

 この前日に、イギリスで満を持して就航した日立製の一号電車が、故障した。「空調機から水が噴き出した」。考えられない故障である。日本の技術力を疑う記事で賑わった。電車の故障は、日本では日常茶飯事で、毎日どこかで、「車両点検で遅れ」が発生している。検査不良であり、メンテ不良であり、設計不良。これが延々と繰り返されている。電車もリコール制度が欲しい。

 自動車の検査不良、も近年、三菱、日産、スバル、その前からもリコールが日常的に来ている。また、基礎金属材料でも不良(神戸製鋼所)

 さて、日立の冒頭の社長の講演、「社会のイノベーションの日立」全く内容に新鮮さがない。昨年よりも見劣りがする。コンベンションでの展示物は昨年とほぼ一緒。少し改良しただけ。残る日本の大手電機企業の牽引力は?

 フォーラムに出席した経産省からの安倍政権下の産業革新として「Society5.0」なる紹介があったが、ドイツ、中国と比べて全く遅れている。見劣りがする。中身がない、言葉の遊びである。横文字で日本語にしないでゴマ化している。残念な日本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

渋谷のハロウィン

 昨日は、渋谷で、昔の戦友と一献を傾けるべく、ハチ公前のポリスボックスで待ち合わせをした。ハロウィンは、その前の土、日曜に終わっていたはず、と思っていたのだが。

 何々、31日が本番だったとは?知らないことは恐ろしい。戦友が、待ち合わせの時間に、やってこない。足の踏み場もない状態だ。警察や機動隊でも一杯だ。5年ほど前の戦友だから、電話番号は、お互い知らない。この状態で、うろうろ探すと、絶対見つかるとは思えない。それにしても、仮装に掛ける費用は如何程なのだろうか?

 ボケ爺のような背広姿など、数えるほどしかいない。仮装しているから、歳は分からないが、年寄りはいないだろう。さて如何して会えるんか?と困惑しながらポリスボックス前からは動かなかった。

 15分ほど待っていると、混雑の中から、しかも後ろから現れた。ボケ爺が振り返った時だった。6時にメールした、待ち合わせが大変だと、なんと彼は6時に来ていたようだ。この混雑の中でPCは空けられない。ボケ爺、スマホを持っていない。

 次の問題はレストラン探しだ。まともなレストランは満杯。JRの脇道の奥の居酒屋で、2席をやっと見つけた。その後は・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »