« 国民無視 | トップページ | 自己都合ファースト »

2017年10月 3日 (火)

小池劇場の限界?

 小池都知事の立ち上げた希望の党は、明らかに、保守主義の第二の保守党ではある。が、今回の劇場の主なシナリオは、「安倍政権、自民党を倒す」ことなんだろう。

 それに大義名分は無い、がむしゃらにそれへ向かって邁進すべきだった。民進党を希望の党が吸収出来たところまでは、さすが小池、と言いたかったが、民進党議員の「選別」によって、「小池劇場の限界」が露呈した。残念なことである。

 これで、自民党の過半数は確保できて、第一党は守れるだろう。安倍首相の退陣は、自民党内の派閥の争いだからどうなるかは分からない。小池劇場とは言えない。

 選別するという独裁者発言。「小池は、こざかしい」大物ではない、小物であることを明確に示すこととなった。希望の党は第二党にはなるだろう、けれど、国政を揺るがすほどにはなれない。すると、小狡い小池は、「私は都政」へ逃げるであろう。「二股の妙技」の「女々しい」小池劇場である。

 都政も、グジャ、グジャにしたまま、曖昧なまま、のシナリオ劇場で、人気取りの芝居を打ち続けるであろう。これに踊らされる日本国民は、自己意志を確立せよと叫んできた夏目漱石が嘆く。残念な日本人。

|

« 国民無視 | トップページ | 自己都合ファースト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/65868265

この記事へのトラックバック一覧です: 小池劇場の限界?:

« 国民無視 | トップページ | 自己都合ファースト »