« 1日の会議で疲れる | トップページ | 長い会議が終わる。 »

2017年10月13日 (金)

生れて、初体験

 初体験とは、生まれてからの初めての経験の事を言う。今更強調するほどの事ではない。

 昨日は3時間の講演、今日は2時間の講演をこなした。これとて、初体験だ。当然、英語での事である。デタラメナ英語で、不思議に通じていたか、それとも何も理解できていなかったか?摩訶不思議。

 それを予想しいたのか、午後から、VIP扱いの競馬の見学に、特別席を予約してくれていた。訪問先のトップクラスが一同に会しての昼食を楽しみながら競馬を見学するとともに賭ける事もできる。特別席は3階にあり、正装していなければ入れない。

 到着し、テーブルに着席したときは12時(正午)5分前であった。突然、アメリカ国家の独唱が始まった。テーブルに座っていた人たちは一斉に起立。窓際に走って、パドック前で歌っている歌手に向かって、敬礼。ボケ爺も真似をする。

 食事はなかなか美味しい。我々は8人の集団。CTOMr.ビール野郎を自称する大酒飲みだ。あっと言う間に3倍は空けてしまう。

 賭け方を教えてもらう。いろんな賭け方があるが、ボケ爺にはすぐには覚えられない。府中競馬場に近いところに住んでいるのだが、日本でも、一度も行ったこともなければ、賭けたこともない。真面目と言うよりは、ケチと言うことだけだが。

6レースを掛けて、2勝4敗であった。所謂、トントンだ。CTOは、自身はすべて負けたが、奥様から依頼された一枚が、20ドルかけて80ドルをゲットした。その他の人はほぼ負けてしまったようだ。皆から、「競馬予想の顧問をしても、生きていけるよ!」と、はやし立てられた。

ケンタッキー、レキシントンの競馬レースは5月と10月の3週間(1週間は水、木、金、土曜)で開かれる。キーネランド(Keeneland)と言う。広いアメリカ大陸で唯一、ここ場所だけになったのは?何故、このレキシントン(Lexington)で、競走馬の育成されるのか、には、理由があるという、水のミネラルに、骨、取り分け「脛に良い成分」が含まれていたからだそうだ。初体験!満足!

|

« 1日の会議で疲れる | トップページ | 長い会議が終わる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/65911205

この記事へのトラックバック一覧です: 生れて、初体験:

« 1日の会議で疲れる | トップページ | 長い会議が終わる。 »