« 成田空港に居ます。 | トップページ | 田舎町Lexington »

2017年9月 5日 (火)

まだ月曜日

シカゴ・オヘア空港のラウンジに居る。4日(月曜)の15時45分である。偏西風のおかげで、50分も早く着いたのだが、ゲートの空きがなく、20分ほど機内で待たされた。乗り継ぎの出発が、9時少し前なので、約4時間の待機である。行先は田舎なので、便が少ない。空港自体は、昔と変わらない。その分、設備は古くなっていることになる。

イミグレーションが、相変わらず混んでいる。ボケ爺の前に、南米からの移民らしい家族で、長々と待つことになってしまった。イスラム系の人の列を避けたのだが、そちらの列の方がスムーズに消化されて早い。列を変わろうとすると、整理員が、「ダメだ」という。指紋は、以前は親指の採取だけだったと思ったのだが、10本全ての指の指紋を要求された。

此処のUAのラウンジはPWはいらないと言う。本当か?と、PCを開くと同時に、なるほど何の操作もいらなくて繋がっている。初めての経験である。他では、PWを要求されるし、警告があったり、同意が必要であったり、何らかの操作が必要であるのだが。日本では朝を迎えているのだが、眠い。

<読書>

「月待ちの恋」坂東眞砂子 新潮社

春話26夜との副題である。いわゆる春画から想像できる物語を作り上げている。エロの表現が、奥ゆかしく表現される。楽しく読んだのだが、ちょっと物足りない。女流作家が表現する性を甘受する女性の感覚の表現を期待するのだが、その本質は見いだせない。男性からの見方でしか表現されていない。読者は男性だけと思っているのだろうか?男性は女性の感覚を理解したいのだが。

|

« 成田空港に居ます。 | トップページ | 田舎町Lexington »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/65752779

この記事へのトラックバック一覧です: まだ月曜日:

« 成田空港に居ます。 | トップページ | 田舎町Lexington »