« 血圧が高い | トップページ | 台風一過に虹 »

2017年8月 6日 (日)

黒船襲来で薩長同盟?

 トヨタとマツダがEVで協調、と新聞を賑わせている。今更、という思いだ。我が家のブドウの木にニイニイゼミが賑やかに泣き叫んでいる。悲しい7年の我慢と7日間の哀れなセミの世界だ。ガラパゴス日本のハイブリッド自動車の運命に似ている。

最初の仕掛けは、 76日、フランスのマクロン政権が2040年までにガソリン車・ディーゼル車の販売を禁止すると発表した。政府の仕掛けである。英政府は26日、2040年までにガソリン車やディーゼル車の販売を全面的に禁止すると発表した。

このEUの動きが日本政府ではなく、企業の危機感で同盟の発表である。江戸幕府の動きと全く同じである。日本は後追いの決断のしかできない癖が抜けない。後追い規制は喜んで作るが。経済の変革を成すような規制、又は、成長戦略は作れない。

何度も嘆くが、残念な日本気質だ。いま、EV車で、最も先頭を走っているのが中国である。「珠海にて」の中国の変化をエッセイしているが、そこでも繰り返し忠告しているのだが。

日本に上陸しているテスラ自動車のショールームでの作品を見ると、単なるエンジンに代わって、モータに代わっただけではないEVのコンセプトとして、いろんなイノベーションが組み込まれている。

ボケ爺の言いたいのは、完成品のEV車は、今と同じように、後追いで十分に勝負は出来る力はある。ただし、自動車メーカがEV車で、リードできる時は、の条件である。

もしも、今の自動車メーカでない別の産業からの参入がリードする場合、例えばテスラのように、日本でいえばパチンコ業とか、玩具屋(任天堂のが変身)などが参入してくると、厄介だ。基本的に日本は部品やである。オープンアーキテクチャの世界に乗り込んで、モータ+ドライバー、とか、ドライバー+制御装置、などを標準化で先行することだ。ドローンのモータ制御装置のように。

|

« 血圧が高い | トップページ | 台風一過に虹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/65629142

この記事へのトラックバック一覧です: 黒船襲来で薩長同盟?:

« 血圧が高い | トップページ | 台風一過に虹 »