« NHKが変わった? | トップページ | 下り坂で滑り捻挫か? »

2017年7月29日 (土)

プレミアムフライデー

 昨日は7月の最終金曜日で、プレミアムフライデーらしかった。新横浜の駅前で、会議があって、終わったのが5時10分前であった。

 新幹線のガード下にはレストラン街がある。最初の店は5時までの注文で飲み物が半額、となっていた。店員に聞くと、5分前ですが、OK、と言うことで、1杯のビールを半額で飲めた。3人は満足した。店はガラガラ。二軒隣の店は、6時まで半額となっている。5時15分で、まだ余裕がある。「梯子だ!」。ここでは、ビールを3杯飲む。つまみも頼んだ。

 次の店は7時半まで、半額と。最後の仕上げだと、ハイボールを頼む。これですっかり仕上がって、解散した。がよく考えると、プレミアムフライデーだからと言って店は混んではいないし、どちらかといえば、客は少ない。店員も暇そう。これが安倍内閣の設定した「働き甲斐の改善」としては効果は全く出ていない。

 帰りの電車の中で考えた。果たして半額は安かったのか?小瓶の金額だから、4杯飲んでも中ジョッキ―2杯分。エエー、決して安くはない?すっかり酔いがさめた。

 今日の朝は、アルコールを体から抜くために、散歩。汗をたっぷりと流し、気分爽快。夕方には、夕立がやってきた。幾分涼しく感じるが。

<読書>

「墨龍賦」葉室麟 PHP

2人の禅僧が主人公で、戦国の時代に生きた。いずれの僧も、武士の残党で、東福寺で禅の修行をしていた。が、いずれは武士に返り咲きたいとの野心を持っていた。一人は毛利家の外交僧となり、いつの日か、毛利の日本統一を夢見て、それを企てる。もう一人は、浅井一族であり、明智光秀を担いで、織田信長の転覆を図ろうとする。結果は本能寺の変の仕組みまで出来たが、光秀が秀吉に倒されて、悲観は達せず絵師として生き抜く。建仁寺の壁画、襖図のほとんどがそれである。奇想天外なアプローチで面白い。多くの資料を基に、今までにない本能寺の変である。

|

« NHKが変わった? | トップページ | 下り坂で滑り捻挫か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/65595006

この記事へのトラックバック一覧です: プレミアムフライデー:

« NHKが変わった? | トップページ | 下り坂で滑り捻挫か? »