« 猛暑、バテ、バテです | トップページ | 珠海の企業から呼び出し »

2017年7月17日 (月)

頭が不愉快と叫ぶ

 ボケ爺は,元々頭は良くはない。この猛暑と、歳で頭の中はボーとしている。まったく締まりがない。少々無理して、体を動かしても、治らないどころか、益々ボヤーとボケてくる。

 安倍内閣の支持率が下がっている。共謀罪強行採決、加計学園のお友達問題、森友学園の安倍一家の支援と、国有地優遇、等々。安倍一強のおごりが目立つ。それに釣られて、馬鹿な閣僚(議員)が暴言を吐く。「禿、死ね」の暴言は、人の心を忘れた哀れな言動だ。政治家は、もっとネチッコイ人間感の駆け引きではなかったのか?

 それにしても野党も無能である。あったか、なかったかの問答では証拠がなければ決着しない。そんな論法でなく、変化点の矛盾を追求すべきだ。菅官房長の私は、「そう聞いています」。は誰から聞いたか?の追求が抜け落ちている。野党も馬鹿か?ロジックの勉強が欠けている。ボーとした頭が、不愉快と叫ぶ。

 一方、ボケ爺には不愉快さを吹っ飛ばす、面白い話題が舞い込んだ。鳥形ドローンが成功した、と。

フランスのXTIMが開発した「Bionic Bird」は、本物の鳥のように羽ばたいて空を飛ぶ鳥型ドローンだ。自然の生物の機能を模したバイオミミクリ(生物模倣)の考え方に基づいている。柔軟性のあるプラスチックを使った本体はたった9.2g、メインモーターの機械的なノイズ聞こえないほど。飛んでいる姿は本物の鳥と全く同じように見える。あまりにもリアルなため、Bionic Birdを見た他の鳥が、本物と勘違いして近付いてくるらしい。

東大の航空学科の東昭教授のところではトンボ型ドローンを研究しているという。頭がすっきりする話題である。

<読書>

「花しぐれ」梶よう子 集英社

御薬園同心水上草介にシリーズである。漢方と病気との関連がわかるだけではない。いろんな事件を、漢方の知識から解決して行く。美しい女犬歯が登場して、主人公の草介との青春ドラマともなっている。

|

« 猛暑、バテ、バテです | トップページ | 珠海の企業から呼び出し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/65546730

この記事へのトラックバック一覧です: 頭が不愉快と叫ぶ:

« 猛暑、バテ、バテです | トップページ | 珠海の企業から呼び出し »