« 下り坂で滑り捻挫か? | トップページ | IMFのアベノミクス評価 »

2017年7月31日 (月)

天候不順な7月の終わり

 捻挫とアキレス腱の二重パンチで、歩くのが困難である、が、家にいても嫌がられるし、効率が悪い。定期会議もあって新横浜まで、ソロソロ、ぼつぼつ歩きながら出席した。足の不住な人に同情しながら、頑張った。7月不順な天候と同じような悪い災害であった。

 7月の天候は、水害も全国に広く受けるし、梅雨明けも、不順であった。それだけではなく、政治関係も何事も中途半端で、政治とは、独自の論法で、誰もがおかしいと思っても、「記憶にない」以前が間違えていたので謝罪」「自分はそうとは認識しなかった」と言っていれば、虚偽にはならない。つまり罷免対象から逃れられる。こんなことが許されていいのだろうか?人間としての心はどこに?

 野党も、論理を崩せなるだけの論理が作れなくて勉強不足で歯がゆい。だから野党も信認が得られない。最悪の事態だ。国民にとっては災害だ。大きな災害だ。不順な天候で襲われた災害地と同じようだ。こんなことは、できるなら避けたい。

政治はすべてが人災だ。人災は対処の仕方では遭遇しなくて済むわけだから。そんな国家になってほしい。孫たちの時代には人災を避けたい。

<読書>

「経済を見る眼」伊丹敬之 東洋経済新報社

著者は学者である、が専門書とは違う味がある。経済の仕組の小説のようである。経済は暮らしに直結している。なぜこんなことが起きるのか?の疑問の解析から、だからこう考えて行動すべきだし、政府の政策も、そこのところを考えるべきだ、との注文も付けている。社会の変化が、マクロ的にわかるかもしれない。

|

« 下り坂で滑り捻挫か? | トップページ | IMFのアベノミクス評価 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/65604650

この記事へのトラックバック一覧です: 天候不順な7月の終わり:

« 下り坂で滑り捻挫か? | トップページ | IMFのアベノミクス評価 »