« 頭が不愉快と叫ぶ | トップページ | NHKが変わった? »

2017年7月23日 (日)

珠海の企業から呼び出し

 18日の昼過ぎ、顧問をしている中国、珠海の企業のCEOから、呼び出しである。「緊急、相談したい、すぐに来てほしい」。「内容は電話では話せない」。何事か?19日の昼前に、eTicketが届く。マカオエアラインだ。いやな航空会社であるが、便利なことは便利である。つまり、澳門から、中国珠海へ入国する。

 20日、ガラガラの機内で、ゆったりと出かける。成田空港管制のトラブルで、40分待たされる。夏の空である。それは雲でわかる。サービスは最低。3席占領して寝ることにした。

 1時間ほどのCEOの指示で、その後は、関係者が集まって、一日中議論する。簡単には結論は出ない。アメリカ企業のM&Aで、アメリカ政府が課せた規制で、本来の企業統制ができない悩みである。

 多分、今日の東芝の問題(原子力子会社のWHの統治も、半導体メモリー売却のWDの情報開示も)この規制で、交渉が困難なことが良く理解ができた。海外との機密保持の規制がかかっている。アメリカの策謀だ。

 さて、帰りのマカオエアラインは満員だった。子供ずれでの日本観光である。少々機内はウルサイが、日本にお金を落としてもらうために、我慢して協力しよう。台湾上空、鹿児島上空で積乱雲に突っ込み、乱気流で機体は少々揺れる。ボケ爺の周りでは、若い青年が通路に吐く。何人かの若い女の子が、袋には吐き出す、口を押えて苦しそう。と。最悪である。

 さて、この問題をどう解決するかのレポートを今月末までに「提案する」、と約束をしてしまった。クワバラ、クワバラ。

|

« 頭が不愉快と叫ぶ | トップページ | NHKが変わった? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/65569834

この記事へのトラックバック一覧です: 珠海の企業から呼び出し:

« 頭が不愉快と叫ぶ | トップページ | NHKが変わった? »