« ロンドンでテロ | トップページ | 時差ボケが取れない »

2017年6月20日 (火)

ヒースロー空港

 ヒースローへの電車(ヒースローエクスプレス)の線路沿いに、日立の整備工場がある。イギリスから、教えてもらった電車が、今では、日本製になるとは感慨無量である。

 オリンピックでヒースロー空港はすっかり模様替えになっている。近代的な設備、使いやすいフロアーアレンジと、目を見張る。それだけオリンピック効果があったのだろうか?

イギリスは変わって来た。スコットランドの田舎でも、大きな変化は、食事の量である。日本の量と比べ1.5倍から2倍はあるだろう。まるでアメリカンである。今までは日本の量と比べ少なめのひもじい、美味しくない食事で有名だったが、美味しくなっている。

ルフトハンザで、フランクフルト乗り換えで日本への帰国の予定である。ヒースローからのルフトハンザキャビンアテンドの女性が、典型的なドイツ美人で、久しぶりに思わず心躍る、1時間半の楽しい旅となった。

フランクフルトの、小さな改造があり、イミグレーションの設備は大幅に新しくなっている。ヒースローほどではないが。

この変化を知るにつれて、日本の将来が不安になってしまう。さて、東京オリンピックで、国民の税金を何兆円も使ってどこまで変えて、何処まで失敗して苦しい生活に陥るのだろうか?日本の将来を洞察できない人の集まりで、心配になる。明治維新時の、活気と、気概と、情熱が欲しい、と漱石も心配しているだろう。

|

« ロンドンでテロ | トップページ | 時差ボケが取れない »

コメント

素敵なスコットランド,イングランドの旅,
ご一緒させていただきました.

ありがとうございました.

投稿: Hana父 | 2017年6月21日 (水) 01時12分

>Hana父
モントレーからの寄稿、ありがとうございます。
久しぶりのヨーロッパで、浦島太郎となていました。
多くの変化に、日本の変化が付いていけていないような気がして、これからの日本の在り方に、危機を感じました。
現地人以外の国々からの留学、現地企業働などでの活躍。とりわけ、中国、中東諸国。

投稿: ボケ爺 | 2017年6月21日 (水) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/65437059

この記事へのトラックバック一覧です: ヒースロー空港:

« ロンドンでテロ | トップページ | 時差ボケが取れない »