« 連休最後の日 | トップページ | パフェット氏がアップル株を »

2017年5月 9日 (火)

憲法違反では?

 ボケ爺は憲法の事は良く知らない。それを自慢している訳でもない。にわかに激しくなった憲法改正論議に、不思議が漂ってきた。

 確か、憲法の政治、議会制度では、首相は、憲法を守らなければならい、と、幼少の頃教えられていた記憶が呼び覚まされた。首相は憲法の下で、政治を司ることである、と。

 つまり、都合が悪いから憲法を変えて、政治は行えない、はずだが?そのために、国会には、憲法審査会があって、憲法についいては、そこが管理運営をすることに、現行憲法はなっているはずだ、記憶している。正しいでしょうか、教えてください。

 安倍首相は、それを無視して、憲法改正を高々に叫び、押し付けている。それが分からない。さらに、それが違憲であると言う、世論も無い?

 安倍首相は怖いものなしで舞い上がっている。改正の時期から改正の中身まで、事細かに支持を出す。それは出来ないはずだ。憲法審査会の提案を無視してまでも。可笑しい。

 右派の冴えたる中曽根元首相まで、声を高らかに、安倍首相を皮肉っている。「国民の、国民のための、国民による」を安倍首相は忘れている。「驕りだ!!!」と。

 総薄知?ジャーナリストへ、考えてみてください。

|

« 連休最後の日 | トップページ | パフェット氏がアップル株を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/65257010

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法違反では?:

« 連休最後の日 | トップページ | パフェット氏がアップル株を »