« 時代の変化が読める? | トップページ | 一帯一路? »

2017年5月20日 (土)

尿酸値が急上昇

 昨日、定期健康診断であった。なんと尿酸値が急上昇、危険値を超えていた。これは、キット、先週はコンサルティングをしているマレーシアの会社のトップがやって来て、毎晩、ビールを沢山飲んだからだろう。さらに、揚げ物を沢山食べたことも影響している事だろうか。

 通常、尿酸値5~6に、薬を飲んで、保てていたのだが。今回は、7.2迄上昇。油断は、何事もいけない。何時までも気を抜けなくて、面倒だ。今日から、節制することにする、と誓う。

 いつの間にか、サツキの季節になっている。ツツジとサツキの違に、ボケ爺は理解できていない。このサツキも、故郷からのクローンである。親父の執念が、今も息づいている。

 クレマチスは、一枚一枚花びらが散り落ちた。その後には、夕顔が優しい花びらを開き始めた。この優しさに、今日の真夏の高温に、よく似合い、心が癒される。それにしても急な暑さに、年寄りのボケ爺の体調が揺さぶられる。明日も続くと言う。ある意味で、真夏を期待したい。

<読書>

「日本人が知らない夏目漱石」ダミアン・フラナガン 世界思想社

「日本人は夏目漱石を誤解して来た」と、フラナガンは言う。「小説の大家は漱石だ」と。選び抜かれた言葉の源泉、美術的要素のはめ込む意図。あり方、等、瞠目する。それだけに「誤解」される。これらの知力を磨けたのは、ロンドン留学が基となっている。ニーチェ、であり、ジェームスであり、ジョイスであり、シェスクピアである。驚愕の、漱石の研究者である。

|

« 時代の変化が読める? | トップページ | 一帯一路? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/65306557

この記事へのトラックバック一覧です: 尿酸値が急上昇:

« 時代の変化が読める? | トップページ | 一帯一路? »