« 一気に夏? | トップページ | なんだかヘン »

2017年4月22日 (土)

暗い一日

 朝から曇っている。一日続く。夕方からは本格的な雨となった。暗い一日だった。雨の好きなボケ爺は、それだけではない。提出した資料にクレームが出た。これを修正するには、能力不足である。ある人からもクレームが来た。これは、一先ず、説得で落ち着いた。

 大学時代に、愛読した野間宏。その中の「暗い絵」を思い出す。何かにつけて、問題を抱えて、暗い毎日を過ごし、何一つ解決しない暗い物語だったことを思い出す。今になって、思い出すとは、それに似ているからだ。良い年にはなりそうにはない。

 今日は、「こと座」流星群が押し寄せている、と言う。午後9時頃がピークらしい。しかし、このままだと雲は取れることはないだろう。

 満天星(どうだん)と書き、ドウダンツツジの事だ。我が庭にも2本のドウダンツツジがある。可愛い白い花が咲き始めた。4軒隣は、垣根全体が満天星ツツジである。最も美しい時期を迎えている。

 だが、今日は、暗い絵の一日であった。

<読書>

「風のかたみ」葉室麟 朝日新聞社

女の戦い、と言える、かな?さすがに葉室節だ。上位討ちされた一家の女性どもは何故か、一か所に集められて、生かされている。そこに、女医が送り込まれて、「生かせよ」命じられる。一種のスパイ。そこで繰り広げられる女の執念と、嫉妬と、妬みの戦い。その推理は面白い。最後に、追加された告白の手紙の部分は余分だっただろう。

|

« 一気に夏? | トップページ | なんだかヘン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/65183637

この記事へのトラックバック一覧です: 暗い一日:

« 一気に夏? | トップページ | なんだかヘン »