« 欧米「紙本は死なず」か? | トップページ | AIがノーベル賞を? »

2017年4月 8日 (土)

我が家にサクラ開花宣言

 我が家のサクラは八重桜である。小雨に濡れながら、5輪の開花が見られた。我が家のサクラ開花宣言である。昨年より1週間は早いか?我が家のモミジの木にも可愛い新芽が噴き出してきた。

 午後から雨も上がったので、散歩に出る。実篤公園のサクラの大木は満開。小学校の校庭のサクラも満開。仙川駅前のサクラも満開。NTT中央学園の校庭のサクラも満開。桐朋学園のサクラは、サクラ吹雪、とまでではないが散り始めている。

 昨日、東京駅で打ち合わせ、八重洲口の近辺は桜が多い。八重洲口のさくら通りのサクラも満開。そこで昼食。サクラ、サクラ、で、心が浮き立つ。サクラは日本人の心の故郷だ。

 その後、静岡の自動車関連の企業と打ち合わせで、静岡へ。だが、サクラに出会うことはなかった。大嵐だと聞いて来たのだが、1号国道線の東の方角に、雲の切れ間から、ほんの少し富士の山が覗き、感激。富士山も日本人の心の故郷だ。

 静岡は、サクラエビの旬、シラスも旬、打ち合わせが上手くいったので、新幹線を待つ間、それらを賞味した。当然、春なにがしの日本酒と。春を堪能した。

<読書>

「さん奪 奥右筆秘帳」上田秀人 講談社文庫

徳川三家の派閥争いに、伊賀、甲賀忍者の絡みと、剣客の下士の活動が、複雑に組み込まれた、時代小説である。派閥が複雑な絡みで、ボケ爺の頭の悪さでは、読むに疲れる。が結果は愉快。

|

« 欧米「紙本は死なず」か? | トップページ | AIがノーベル賞を? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/65124248

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家にサクラ開花宣言:

« 欧米「紙本は死なず」か? | トップページ | AIがノーベル賞を? »