« 三月は去る | トップページ | 欧米「紙本は死なず」か? »

2017年4月 2日 (日)

不完全な花見

 午前中はまだ底冷えがしていた。我が家にもようやく、春の訪れが感じられる。西の借景の広い空き地には、黄色い鉄砲水仙が満開を迎え、雑草の深緑に映えている。椿は散り始めているが、まだ多くの花を残している。八重の曼陀羅色の椿は、やっと一輪咲いた。

椿の花は、花の根元のガクを下にして(雌蕊、雄蕊を上に)、まだ瑞々しい時に、落下する。まだ美しい色彩なのに?仏教の世界になるのだが。

午後に入り、薄雲からの陽差しが増してきて暖かくなって来た。すわ、花見だと、散歩に出かけた。例のNTT学園の光栄を目指した。2~3分咲き程度か?がっかりだ。さらに足を延ばして、成城学園近辺の野川の土手に期待した。そこも同様であったが、一部5分咲きは見られた。国分寺崖線の高台は、都心とは温度差がある。

 人手は多いのだが、誰も花見をしている雰囲気はない。20人ほどカメラを抱えたお年寄りの集団が二手に分かれて、カワセミを追っかけている。花より団子とはこのことを言う。

 仙川の街では、昨日が、第17回、夜桜コンサートであったが、順延して今日になった。毎年同じように、4月の最初の土曜日である。桐朋学園のチェロカルテットの、「さくら」(武満徹)は、聞き応えがあった。今年のサクラは、まだ2分咲きである。コンサートの美しい音色に桜の花の反応は今一、今年は寂しい。不完全な花見となってしまった。残念。

|

« 三月は去る | トップページ | 欧米「紙本は死なず」か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/65099560

この記事へのトラックバック一覧です: 不完全な花見:

« 三月は去る | トップページ | 欧米「紙本は死なず」か? »