« 我が家にサクラ開花宣言 | トップページ | 今日で終わり?都心の花見 »

2017年4月 9日 (日)

AIがノーベル賞を?

AIの進化の可能性などについて、議論で白熱した。その機会は、「スウェーデンのノーベル財団」と「日本学術振興会」は、ノーベル賞受賞者らと一般市民が対話する「ノーベル・プライズ・ダイアログ・東京2017」を226日に開催した。

理化学研究所脳科学総合研究センターの利根川進センター長は「人工知能を搭載したロボットがノーベル賞を勝ち取りたいと好奇心を持つことを祈りたい」と発言し、会場を沸かせた。

分科会では、ソニーコンピュータサイエンス研究所の北野宏明社長が「2050年にはAIが大きな発見をしてノーベル賞を受賞するのではないか」と示唆していた。

将棋では、AIが、俄然強い。残るは囲碁であるが、後1年で人間を凌駕するだろう。ボケ爺は、AIを活用して、調理器を考案したいのだが。先ずはコーヒーセットから始めたいとひそかに考案している。ミルは如何するか、ドリップが良いか、サイホンが良いのか?など等。さて完成、成功するかな? 

<読書>

「炎の経営者」高杉良 文春文庫

高杉の描く経済小説、経営者像は、いつも情熱家である。情熱をむき出しにする人を描く。それが何とも上手い。それにサラリーマンは泣かされるのだが。今までと違って、組織のルールをも教育する日本触媒の社長像であった。この時代の化学工業の社長は、20~30年を務めあげている。この点の問題の指摘は無かった。

|

« 我が家にサクラ開花宣言 | トップページ | 今日で終わり?都心の花見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/65129061

この記事へのトラックバック一覧です: AIがノーベル賞を?:

« 我が家にサクラ開花宣言 | トップページ | 今日で終わり?都心の花見 »