« 雨水とユリの蕾 | トップページ | トヨタとホンダ »

2017年2月24日 (金)

自分を変える?

  ユリの蕾の続きの、クドイ話になる。秋に咲きそびれたユリの花は、蕾のまま越冬したことになる。咲きそびれたことを認識して、「生き延びた」のだが、一体いつ咲かせるつもりだろうか?この春、この秋。咲く時期を見守りたい。

  何故、咲きそびれたのか、気になる。劣等性か、のんびりしていたのか?それならボケ爺と似ている。それとも、意識して、時期を先送りしたのか?それは「自分を変えるために?」

  何故自分を変えることにしたのか?疑問が次々に出てくる。先ずは、いつ咲くかが、最も関心がある。まともに咲けば、実に嬉しいのだが。

  自分を変えるためには、よく言われることだが、①行動の時間配分を変えてみる。余った時間の使い方を変える。②住む場所を変えてみる。漱石の方法である。借家住まいを、一生続け、驚くほど、こまめに転居している。③付き合う人を変える。これは手軽で、善い方法だ。

  だが、ボケ爺は、これらのどれもやらなかった。行動を起こす能力が無かった。だから凡人でどうしようもない。

 

<読書>

 

「闇の平蔵」逢坂剛 文芸春秋

 

いつも逆ロジックになるので、ボケ爺のようなオッチョコチョイは、読んでいってもどかしい。又、人の名前が難しすぎたり似通っていたり。バカなボケ爺には、覚えられない。「百舌」シリーズなどは迫力があるのだが?正直、池波正太郎の鬼平犯科帳の方が、すっきりと、馴染める。

 

|

« 雨水とユリの蕾 | トップページ | トヨタとホンダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/64934221

この記事へのトラックバック一覧です: 自分を変える?:

« 雨水とユリの蕾 | トップページ | トヨタとホンダ »