« トヨタとホンダ | トップページ | オカメサクラ »

2017年2月26日 (日)

森友学園問題

  大阪市の学校法人「森友学園」が小学校用地として取得した国有地の取引は異例ではないか、と。24日の衆院予算委員会で、開校時期や財務状況に配慮した前例のない手続きが明らかとなって追及された。これは、「政治家が関与していなければできない」事例と、言えるらしい。焦点は大阪府豊中市の土地の鑑定額9億5600万円から、ごみ撤去費など8億2200万円を減額した財務省の裁量だが、そもそも、官庁がやるべきことではない。政治家がらみである、と予想される。
 一方、学校法人森友学園が運営する「塚本幼稚園」が、「よこしまな考え方を持った在日韓国人や支那人」などと記載した文書を保護者向けに配布していた。これは明らかに「ヘイト発言」に相当し、「違法である」。

さらに、籠池泰典園長は、「安倍首相に来園いただき、教育に理解いただいた」。国会の答弁でも、「立派な教育をしている」と、発言し、2日後に取り消した。夫人が名誉校長に就任している事もおかしい。どんな理由で就任したのか、明らかに出来ていない。安倍首相の不信だらけの発言である。いよいよ安倍首相の終焉か?

<読書>

「試行錯誤に漂う」保坂和志 みすず書房

モノゴトを創造するには「時試行錯誤に漂う」は、ボケ爺のモノつくり家としては必修事項だと思っている。小説家は、どんな試行錯誤をさ迷っているのだろうか?と興味を抱いて、読み始めたが、難解過ぎて、意味すらも理解できなく、投げ出した。これらのエッセイの中に、何処に「試行錯誤」なるモノが漂っているのだろうか?読解力不良に悩む。

|

« トヨタとホンダ | トップページ | オカメサクラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/64944315

この記事へのトラックバック一覧です: 森友学園問題:

« トヨタとホンダ | トップページ | オカメサクラ »