« 紫外線が強い | トップページ | 仙川の街 »

2017年1月28日 (土)

認知科学(脳)は新時代へ

 脳とコンピュータとの違いは何だろう。近々には、ノイマン型コンピュータから、ニューロ型コンピュータに移行するだろう。この点では、日本は、5周の周回遅れだが。

 人間の脳の細胞は、全体神経細胞(10億個)と比べて、10%程度。体重に対し、脳の重さは、2~3%程と、思ったよりは少ない。だが、使うエネルギーは20%程で、血液の使用量とほぼ同等と考えられるが、たった20Wほどだ。

 その道の専門家になればなるほど、専門の活動のプラスαの使用量が減って来ると言う。しかし、全体の脳をうまく活用するらしい。

 ボケ爺は、高血圧だから、脳への血液の送り込みが多いはずで、脳の活動が闊達化していなければならない。また、老人は、一般に高血圧へ向かう。と言うことは脳での血液の消費量が多い、つまり活性化している?ボケ爺の、ボケの激しさは、血圧のみでは説明できていない。血圧は高いが血液量は意外と少ない、のでは?

 AIの進化は凄い。40~50%程あると言う定型化された仕事は、人工頭脳に取って代わることは事実である。後10年以内に。

 しかし、創造する、予期できない事の処理、等、人間が居なければならないと、慰めもある。そのAIに取って代わられた人々は、どうなるのだろう?すぐには創造性を求められても、対処できない。やはり失業の恐れは付きまとう。

 今、AIによる教育法の学会、見本市、が開かれている。未来の教育は、明らかに、今とは変わる、と断言できる。

<読書>

「おとこ坂 おんな坂」阿刀田高 毎日新聞社

男と女、人生いろいろ、と言うことか?実に愉快であり、ちょっぴり哀しくもあり、切なくもあり、悲しみもある。ほんのり感は嬉しいが。そんな短編集だ。古典を踏まえて、男と女は永遠の謎には変わらない。短編集は脳を活性化してくれて、いい。

|

« 紫外線が強い | トップページ | 仙川の街 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/64820670

この記事へのトラックバック一覧です: 認知科学(脳)は新時代へ:

« 紫外線が強い | トップページ | 仙川の街 »