« 複雑系社会 | トップページ | 今年のリスク? »

2017年1月12日 (木)

富士山と満月

 今日は、朝早くから、静岡の企業に、出張。平塚市辺りから、静岡迄、富士山がクッキリと見えた。三島駅から、や、新富士駅の富士市から、間近に見る富士山は、近くだけあって、迫力がある。それに、雲一つない。真っ青な透ける空。日本人の心を揺さぶるだろう。

 ボケ爺の座席は、C席であった。その隣のE,D席にドイツ人の中年のカップルが居た。三島駅を過ぎたころからの富士には眼中が無かった。その後、ウトウトし始めていた。ボケ爺は思わず、新富士駅の手前の美しい富士山を見てほしかったので、おせっかいにも、「起きろ!」、と。肩を叩いて、「富士山が美しい、是非見てください」と。

 するとドイツ人のカップルは、スマホに、富士山を取り込んでいた。カップル同士で、「いい写真が撮れた」、と見せ合っていたが、感謝はされなかった。残念。

 帰りは、少々遅くなって、薄暗くなった東京の街の東の空から、満月が、橙色で浮かび上がってきた。美しい満月だ。

 自宅の駅からは、満月が輝いて、美しく、東の空にかなり昇っていた。都心から見た満月とは、違って、冴えきって寒そうな色であった。同じ満月だが。自然の造形は美しい。疲れも吹っ飛んでしまう。寒さはこれからが本番になる。

<読書>

「ビジネスZEN入門」松山大耕 講談社α新書

著者は、妙心寺退蔵院 副住職、であるらしい。海外へも積極に出かけ、禅(ZEN)を解説しているようだ。多くは自分の経験の話で、一種の自慢話となってしまっているのが残念だ。何故、ジョブスなどが、禅に夢中になったのか日本人のボケ爺でも分からない。禅は他の仏教とは違うことは明らかだが。この本を読んでも解らなかった。

|

« 複雑系社会 | トップページ | 今年のリスク? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/64755170

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山と満月:

« 複雑系社会 | トップページ | 今年のリスク? »