« 認知科学(脳)は新時代へ | トップページ | トランプの日本攻撃 »

2017年1月29日 (日)

仙川の街

 仙川の街は、京王線、仙川駅の小さな街である。ボケ爺は、西隣のつつじが丘に住んでいる。仙川駅までは、坂を登って、12分ほどかかる。つつじが丘までは8分で行けるので、少々遠い。

 しかし、気の利いた商店街は仙川にある。駅の南には、桐朋大学、北には、白百合女子大学があり、大学の街でもある。小劇場や、美術館らしきものもある。

 レストラン、カフェも困らない。良い店が沢山ある。カフェでは、知的な老人に良く出会う。本を読んだり、書き物をしていたり、PCを操っていたり、それこそシニアの品格がうかがえる人達で、刺激を受ける街である。

 何と言いても、楽器を抱えた、幼少から大学生、それにシニアが加わり、街を闊歩している。5時半から6時半ごろには、小中学校の生徒が練習から一斉に帰宅する。お迎えも含めて、街は賑やかになる。

 いろいろのマンションの一部からは、バイオリン、ピアノ、フルート、クラリネット、など、の練習の音色が聴かれる。森のテラスのでは、演奏会も開かれることがある。その下の家では、5時からピアノの練習が始まる。

 実篤公園は、仙川口、と若葉町口がある。若葉町口は、ボケ爺は3分で行ける。50年ほど住んでいるが、今までは気が付かなかった。朝早く、夜遅く帰って来るからだ。

徘徊するようになって、仙川の街は楽しい街であると再認識している。

<読書>

「シニアの品格」小屋一雄 小学館

品格とは何か?他人が自分をしたってくれる、或は、人格者と認めてくれることなのだろうか?品格と人格とは違うのか?気配りができる人?男の、女の、大人の、品格とは?本書の結論は、人に好かれる、尊敬される人、と言うことらしいが。

|

« 認知科学(脳)は新時代へ | トップページ | トランプの日本攻撃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/64825272

この記事へのトラックバック一覧です: 仙川の街:

« 認知科学(脳)は新時代へ | トップページ | トランプの日本攻撃 »