« 東ロボ君、東大入試を諦める | トップページ | 西の空に三日月が »

2016年11月23日 (水)

夢の中だが笑われる

 夢を見た。こんなに悲観的な夢を見るのは初めてだ。椎間板ヘルニアが、もし、治らなかたら、杖が離せないのだろうか?否、車いすになるだろう、と。すると、どんな生活の仕方が待っているのだろうか?住居を、先ずはバリアフリーに改造しなければならない。が、家の者は認めない。這っていろ、という。周りの皆は笑っている。哀れなものだ。普段の行いが悪かったのか?

 夢の中で、無重力の体験をする。足は全く役に立たない。手と頭しか当てにならないというが。そうだ無重力の生活が良い。物書きや、絵画が出来る、と喜ばしい。しかし、長くは体験できない。その他の身体の部位が変調してしまう。骨が弱くなり筋肉が衰えて、その内、手も使えなくなり、頭の脳は狂って来る。と、笑われる。夢での中ではあるが?

 いずれにしても、これからは笑われる生活が待っている。「賢者は、笑われることを恐れるな。」「無知を恥じるな。」「バカを自認せよ。」とかなんとか、沢山の処世術を学んできたが、この年になっても、笑われることは快くない。夢の中で悲観している。冷汗が出るほどに。

<読書>

「去就 隠蔽捜査6」今野敏 新潮社

友情あり、造反あり、妬みあり、裏切りあり、そんな中、不器用に生きる人の演出が上手い。ここにも、仮説(前提)の作り方で、180度の展開が起きる。捜査にもロジックが大切だ。その前提は仮説の立て方だ。科学・技術と、よく似ている。愉快。爽快。

|

« 東ロボ君、東大入試を諦める | トップページ | 西の空に三日月が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/64531617

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の中だが笑われる:

« 東ロボ君、東大入試を諦める | トップページ | 西の空に三日月が »