« 生物は生き抜くために進化 | トップページ | 満月が冴える »

2016年10月 9日 (日)

スマホゲームで「認知力」アップ?

日経サイエンスによれば、スマホでのゲームで、脳トレが出来ると記事があった。しかし、アクションゲーム(ゾンビ、エイリアン、モンスター、等)で効果が高く、ポケモンGOのようなソーシャルゲームは、残念ながら脳トレには効果が無い、と言うことだ。

注意力や、敏速な情報処理によって、柔軟性や、構想力などの知能機能が向上すると言う。これは、スイスジュネーブ大学の研究である。一週間、一日1時間のテストでの結果である。これ以上のゲーム時間では、さらに向上するのか、衰えるのかは調査されていない。

驚くことに、腹腔鏡手術においては、十分な正確さで、短時間で手術が終える、との調査結果もあるとか?

スマホゲームを馬鹿に出来ないのか?本当なのか?これからの更なる研究を待ちたい。アメリカでは、認知症者向けのゲームの開発も始まっているとの報道もある。

すると、通勤電車で夢中になっている人々を愚かな人々とは言えなくなる。

<読書>

「言葉が鍛えられる場所」平川克美 大和出版

=思考する身体に触れるための18章=言葉はあまりに便利でそして、あまりにも無力だ=との副題。「相手に伝わる言葉は見つからない。」「言葉は誤解される」、歪む。「コミュニケ―ションは幻想だ。」 歳取れば黙秘で逃げることが出来る。親、子ども、家人には義務が言葉より優先している。しかし、こんな状態だからこそ、言葉を鍛えなければならない。言葉は鍛えられる。

|

« 生物は生き抜くために進化 | トップページ | 満月が冴える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/64321883

この記事へのトラックバック一覧です: スマホゲームで「認知力」アップ?:

« 生物は生き抜くために進化 | トップページ | 満月が冴える »