« 何時の間にか10月 | トップページ | 生物は生き抜くために進化 »

2016年10月 4日 (火)

オートファジー?

  スウェーデンのカロリンスカ研究所は3日、2016年のノーベル生理学・医学賞を、植物や動物など生物が細胞内で不要なたんぱく質を分解して再利用する「オートファジー(自食作用)」の仕組みを解明した東京工業大学の大隅良典栄誉教授(71)に贈ると発表した。

 今年も日本人がノーベル賞を受賞できる。改めて、日本の基礎科学の底力を感じる。今日の大学改革が、「基礎科学を大切にする」、ことを誤らないようにしてほしいものだ。いささか心配である。

 今年のノーベル生理学・医学賞の予想では、日本の得意とする免疫学系から選ばれるのでは、との噂であった。この分野の受賞が来年も期待をする。

 遺伝子分野では、今日、日本は目覚ましい研究成果を出している。それがDNAの分解と、その後の合成である。RNAは早くから分解できることは、アメリカから伝って来ていた。いろんなアミノ酸を作って、いろんなたんぱく質を作ることが出来る。その生物化学から、病原菌の仕組み、続いて、新薬の開発に活用できる。

 今回のオートファジー現象の、さらなる追求には、案外、このDNA分解技術が、補助線を引くことになるのではないだろうか。楽しみだ。

|

« 何時の間にか10月 | トップページ | 生物は生き抜くために進化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/64298654

この記事へのトラックバック一覧です: オートファジー?:

« 何時の間にか10月 | トップページ | 生物は生き抜くために進化 »