« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月23日 (日)

読書週間が始まる

 ちょっと寒くなったが、まだ十分ではない。ようやく百日紅の花は、終わったようだ。東京の秋は何時頃から始まるのだろう。と周りを見渡したら、散歩の団地の通りに銀杏が落ちている。見上げると、紅葉にはまだ早い。緑深いとはいえないが。

 読書週間の季節になった。読書を習慣つけないといけないが?読書は何に、何処まで有効なのか分からない。ボケ爺は、文系には、まるっきし弱い。だから読書を自分に強制している。元々の能力が悪いので、無駄な作業に勤しんでいる。すると、

「語彙力こそが教養である」斎藤孝 角川新書に「その一言に知性がにじみ出る」、なるノウハウ本が、恐怖を呼ぶ見出しで、本棚に鎮座している。

思考の基本は言葉である。つまり語彙が不足しているとよい発想が出来ない。語彙が豊富で無ければ、人としての教養が構築できない。現象は何事も言葉に変えなければ、表現が出来ない。知性が無ければコミュニケーションは貧弱となり、伝わらない。

語彙力は言葉の使い方で決まる。語彙力を身に着けるためには、「読書しかない」と豪語する。身に着けるには、スポーツアスリートと同じように、訓練(練習)しかない。

訓練としての読書も同じことだ。「読書アスリート」になるには、「忍耐」が必要だ。耐えなければ、試合にも出られない。と脅迫が続く。クワバラクワバラ。

嬉しいことに、夏目漱石を読み込めればそれで、十分だと言い切る。一生かかって、漱石を読み切ろう。と、少し気が楽になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

鳥取で地震

 熊本県地震もまだ落ち着かない中、熊本地震と同じような横滑り地震が鳥取で起きる。M6.6だ。熊本地震は、活断層が判明している所での震源地であったが、鳥取は、活断層で無いのか、見落としていたのかの分からない所が震源地だそうだ。熊本型と同じなら、本震はこれから来るのだろうか?

 鳥取は比較的、大地震が起きている所らしい。鳥取の地震は、広範囲へ広がって、長周期地震となっていたようだ。驚くことに、東京でも、長周期の地波が伝わっていたらしい。各種のプレートを潜って来たのだ。自然の造形は不可解で恐ろしい。800年前の鴨長明の方丈記の時代背景と同じことになるのだろうか?

 国分寺崖線の中腹にある実篤公園の清水池は、上下に分かれている。下は、鯉が泳いでいる。エサは、「入口に置いている量だけにしてください」、と注意書きがある。上の方は、紅イワナとウグイなどが泳いでいる。ボケ爺その泳ぎを眺めていたが、数匹がゆうたりと泳いでいる。そこにご婦人がやって来て、いきなりエサを投げ入れる。20cmはあろうかと思われるイワナ達は、大波を起こして、跳ねあがりエサに飛びついてくる。なんと20~30匹はいるだろう。普段は姿を隠していたのか?ご婦人は、「これが楽しみでエサやりに来ます」、と。エサはやってはいけない、との看板は無い。これも不可思議だ。

<読書>

「反転する漱石 補強新版」石原千秋 青土社

有名は漱石研究の本が新調された。漱石の社会制度の変化が漱石の作品にどんあ影響を与えているか、から見た評論をしていたのだ。実のユニークな評論である。漱石は、結構社会とのかかわりを、コード化して潜ませていたのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月21日 (金)

コグニティブ・コンピューティング

イーコマース(EC)の世界では、「トラッキング」をベースに、顧客の購買動向を読み取り、新商品を提案する、ことが常識化している。その次に重要な人工知能(AI)のテクノロジーがコグニティブ・コンピューティングである。

それは、理解・推論・学習するシステムであり、コグニティブとは、「認知化する」、と声、表情、はたまた空気感などもコンピューターが理解することが可能となります。

つい最近、東京大学医科学研究所による驚くべき「成果」が発表された。膨大な医学論文を学習した人工知能(AI)が、白血病患者を「診断」し、医師に適切な治療法を助言して回復に貢献したという成果だ。AIは、通常の治療法では回復できなかった白血病患者が実は特殊なタイプの白血病であることを、わずか10分で見破ったのだが。

さて、ディープラーニング手法に次の進化はあるのだろうか?多分、ニューロコンピューティングとの戦いになるのだろう。

多くの研究者は、AIで、知的業務の70%が失うだろうと言われている。が、AIの更に上を行く仕事が現れるだろう、と楽観的だ。

<読書>

「インターネットの次に来るもの」ケヴィン・ケリー NHK出版「未来を決める12の法則」との副題が添えてある。科学の進歩は不可避である、と定義している。それを活用した世界は可否可能な世界である。人間の常識にゆだねるしかない、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月17日 (月)

東大とNECが「夢の半導体」

 NECが東京大学の最先端AI(人工知能)研究でがっぷり組んだ。両者から「戦略的パートナーシップに基づく総合的な産学協創」であると、発表があった。NECは共同開発の金額を数億円に引き上げる、と言う。

そのポイントは、「ブレインモルフィックAI(ブレモル)」の早期実現を目指す。ブレモルは人間の脳神経にあるニューロンとシナプスのような構造を持った半導体で、電流の流れが物理的に変わることで人間のような思考を実現できると、その一人者の合原一幸・東大生産技術研究所教授が研究を進めているものである。

3年程度で、目途を立てたいと言う。AIは如何に小電力、小型に出来るかが、鍵である。従来のCPUを使って、水冷ので、大幅に小型に出来たスーパーコンピュータは、日本のベンチャから世界一の物がある。が、ノイマン型の従来回路である。

 IOT時代は、ARMCPUが、有望だとされていて、つい先日ソフトバンクが買収した。他にも、DSP, GCPの従来型のCPUが競争している。しかし、NEC-東大のニューロ型CPUが成功すれば、ARMは陳腐化する。変化の変化が早く、激しい競争力の産業分野に変わりは無い。さて、ニューロコンピュターの実用は何時になるのだろうか?

 完成すれば、AIコンピューターは大幅に進化するだろう。HWだけではなく、OSも忘れず確立してほしい。日本から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

漱石の妻

 NHKの土曜ドラマ(午後9時)の「漱石の妻」の全4回の放映が昨日終了した。素晴らしく、良い出来であった、と思う。実に忠実に再現されている。元ネタは、「漱石の思い出」で、妻、鏡子と、長女の夫、松岡讓の筆録という。ボケ爺は、この本はまだ読んでいない、ので、この感想は言えない。しかし、

「漱石の妻」鳥越碧 講談社 を、二度程読み直していた。この内容と実に似た展開であった。

漱石の妻は、ソクラテスの妻と同様に「悪妻」との悪名が高い。本当にそうか?女流の本著者が、同じ女性としての見方から、見事に「漱石の妻、鏡子」をあぶりだした。

明治の時代からすると、鏡子は、結構オープン(漱石曰く、自然児)な人だったようだ。現在の男女平等までとは言わないが。漱石は、同僚、教え子や、若者物などの出入りが多い。それを受け入れていたことは良き妻であったはずだ。しかし、漱石は、外向きの顔はいい人であった。だから来訪者は、妻の対応が気に入らないのだ。

この著書は、男と女オープンな会話、否、夫と妻の、妻から見た、良い妻とは?の悩みの実態が生々しく描かれており、実に考えさせられる。外からの目、夫の真実など心は解らない。信頼が相互に得られない。これっポッチも理解し合えていない人間の心の葛藤がリアルである。知れば、悲しいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月15日 (土)

満月が冴える

 朝から、雲一つない澄み切った青空が降り注ぐ。それにつれて、朝から小鳥のさえずりがうるさい程だ。春は恋のさえずり、で愛でるさえずり。しかし、秋は食欲のさえずりで、嫌悪あるさえずり。

 野川を下る。白鷺、ゴイサギが、川面をニランデいる。川水は澄切って川底が一目だ。先週は、泥水だったのだが。お年寄りのアマチュアカメラマンが立派なカメラを構えて、うろうろしている。何かを追っかけているのだろう。多分、カワセミだ。

 鹿島建設柴崎グランドで、チェアガールが練習をしている。このグランドは、アメフトの練習場だ。5~6歳の女の子が、熱心に、その練習を羨ましく眺めている。将来のチェアガール候補に、現職のチェアガールが手を振って、勧誘している。

 食事後、腹ごなしに散歩に出る。満月が美しい。冴えている。今な風景は何時まで続くのだろうか?

<読書>

「パリの漆職人 菅原精造」熱田充克 白水社

漆は、ジャパンと言われ、日本工芸に使用される天然塗料で有名である。今は浄法寺近辺が有名であるが、昔は、日本の至る所で、生産されていた。パリ万博に日本工芸品が展示されて、修理に出かけた「セイゾウ・スガワラ」(菅原精造)が、帰国することなく、漆工芸家としてヨーロッパで活躍していた。アイリーン・グレイの椅子の塗装は漆で、スガワラ作であった。そのスガワラのドキメンタリーである。浜中勝は戦後パリで活躍した漆工芸化であった。ユーロッパに渡った漆工芸家はいろいろ活躍していたらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

スマホゲームで「認知力」アップ?

日経サイエンスによれば、スマホでのゲームで、脳トレが出来ると記事があった。しかし、アクションゲーム(ゾンビ、エイリアン、モンスター、等)で効果が高く、ポケモンGOのようなソーシャルゲームは、残念ながら脳トレには効果が無い、と言うことだ。

注意力や、敏速な情報処理によって、柔軟性や、構想力などの知能機能が向上すると言う。これは、スイスジュネーブ大学の研究である。一週間、一日1時間のテストでの結果である。これ以上のゲーム時間では、さらに向上するのか、衰えるのかは調査されていない。

驚くことに、腹腔鏡手術においては、十分な正確さで、短時間で手術が終える、との調査結果もあるとか?

スマホゲームを馬鹿に出来ないのか?本当なのか?これからの更なる研究を待ちたい。アメリカでは、認知症者向けのゲームの開発も始まっているとの報道もある。

すると、通勤電車で夢中になっている人々を愚かな人々とは言えなくなる。

<読書>

「言葉が鍛えられる場所」平川克美 大和出版

=思考する身体に触れるための18章=言葉はあまりに便利でそして、あまりにも無力だ=との副題。「相手に伝わる言葉は見つからない。」「言葉は誤解される」、歪む。「コミュニケ―ションは幻想だ。」 歳取れば黙秘で逃げることが出来る。親、子ども、家人には義務が言葉より優先している。しかし、こんな状態だからこそ、言葉を鍛えなければならない。言葉は鍛えられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土)

生物は生き抜くために進化

 朝から冷たい秋雨に見舞われている。シトシトと降る雨は、風情がある。ボケ爺は大好きだ。特に秋雨は。枯れ行く生物を憐れむような、非人情なような。生物が生き抜くための宿命を背負っている。

 8月の末に、我が家の八重桜の葉っぱに毛虫が発生、あっという間に葉っぱは全て喰われてしまった。今年は残暑が厳しかったから、少し、新芽が出て来たが。なんと一輪だけ八重桜が咲いている。春と比べ、ほんのりと、優しいピンクである。

 桜は生き抜くために花を付け、種を設け子孫を残そうとする。桜はその機能は退化しているが、本能は残っている。

 面白い研究がある。しかし、最終的には恐ろしい結果が待っているだろう。それは、芽が出たところ頃に、電磁波を当てると、葉の生育に異常をきたすことなく、花が早く咲き、その分実がなり、その周期も、増えるという現象がある、という。夏野菜など、二回も取れるそうだ。その理由は解っていないが、生物の生き延びようとする因子の何かが、電磁波で異常を感じるのだろう、と推論している。

 電磁波は生物にとってどんな影響があるか十分には解っていないが、生物の生育に、機能に何らかの影響はあると言われて久しい。近年電磁波は、異常なほど増えている。自動車が自動運転になろうものなら、都心は電磁波で覆われる。恐ろしいことになる。

 温暖化も、意外と電磁波の影響かもしれない。人間の挙動も、電磁波の影響で、精神的な異常な行動を引き起こされているのかもしれない、と騒がれた時があったが。

 大隅教授のノーベル賞のオートファジーも、生物が生き延びるがための生物のメカニズムである。生物の機能は恐ろしい。

<読書>

「もっと知りたいマティス」天野知香 東京美術

マティスは、近代絵画の先駆者だという。セザンヌからピカソへとつないでいった立役者的存在だ、とも。モダニズムから、フォーブへと導き、プリミティブへ関心を示し、ピカソの超モダン。伝統を壊し、再構築をしながら、新しい発想を提案して来た画家だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 4日 (火)

オートファジー?

  スウェーデンのカロリンスカ研究所は3日、2016年のノーベル生理学・医学賞を、植物や動物など生物が細胞内で不要なたんぱく質を分解して再利用する「オートファジー(自食作用)」の仕組みを解明した東京工業大学の大隅良典栄誉教授(71)に贈ると発表した。

 今年も日本人がノーベル賞を受賞できる。改めて、日本の基礎科学の底力を感じる。今日の大学改革が、「基礎科学を大切にする」、ことを誤らないようにしてほしいものだ。いささか心配である。

 今年のノーベル生理学・医学賞の予想では、日本の得意とする免疫学系から選ばれるのでは、との噂であった。この分野の受賞が来年も期待をする。

 遺伝子分野では、今日、日本は目覚ましい研究成果を出している。それがDNAの分解と、その後の合成である。RNAは早くから分解できることは、アメリカから伝って来ていた。いろんなアミノ酸を作って、いろんなたんぱく質を作ることが出来る。その生物化学から、病原菌の仕組み、続いて、新薬の開発に活用できる。

 今回のオートファジー現象の、さらなる追求には、案外、このDNA分解技術が、補助線を引くことになるのではないだろうか。楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

何時の間にか10月

 昨日は、予想に反して朝から秋晴れになった。少々気温は高かったが、さすがに、さわやかだ。夕焼けは、国分寺崖線の頂上にある仙川の丘から眺めた。秋のすじ雲が紅色に染まる。飛行機雲が二本、同じく仙川の上から高尾の山麓まで続く。秋の風景をしばらく堪能した。実篤公園近くには、赤とんぼの群れが悠々と飛んでいる。

しかし、その高尾から丹沢の稜線は見えない。あやしい灰色の雲が覆いかぶさっていた。今日は、朝から、小雨模様。秋の夕焼けは、天気の悪くなる証拠であった。自然は不思議だ。

台風が近づいている。今年は、7個目の上陸になりそうだ。210日、とはよく言ったものだ。先祖の教えだろうが、長い歴史の統計が必要だ。

<読書>

「世界文学のスーパースター夏目漱石」ダニアン・フラナガン 講談社インターナショナル

イギリス人の夏目漱石の研究雑感である。著者によると、漱石の作品はイギリス留学中の、勉強に大きく左右されている、と言う。特に、ニーチェ、シェイクスピア、ドイル、科学者のファラデーまで、等、博学ぶりは、「文学論」にまとまっていると言う。独学での吸収力に、感嘆のため息が出る。単に読んだだけではなく、しっかりとまとめている。漱石恐るべき!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »