« シルバーウィークと言うらしい | トップページ | 憂鬱な一日 »

2016年9月19日 (月)

敬老の日

 915日から変わって、どの位になるのだろうか?意識していなかったので、ピンとこない。昨日のブログでも書き及んだが、毎日、一生懸命なのだが、何故生き延びていないといけないか、答えが出せていない。年寄りも働かなければ、生きていけなくなって来たのだ。ご隠居ナンテ言う時代ではない。

 高校時代の東京支部の同窓会をやろう、と毎年連絡をくれる奇特な人がいる。それで救われてはいるのだが。今年は、紅葉を愛でて、小石川公園で会食だと、豪気な話が舞い込んだ。だが、122日以降で無ければ空席が無い、と。

 今日は朝からシト、シト雨が降り続いている。実篤公園では、無残にもセミの死骸があちこちに散乱し、水たまりにしずんているのもいる。生きる為の絶叫で息が詰まったのか?森のテラスの坂道にはカシノキのどんぐりで一杯、転がっている。自然の生き物はどうして秋を感じるのだろうか?

 雨の中、近くの野川(結構大きな河で)は、成城を通り、二子玉川の手前で、多摩川に合流する。その土手には、曼珠沙華が、怪しげで、妖艶な真っ赤な色で魅了している。構造も何ともなまめかしい。雨に煙る曼珠沙華に恋をする。

成城の街のサクラの葉っぱも、散り急いでいる.明日からの台風の襲来で、一度に季節は変化するだろう

<読書>

「何故近大は繁栄したのか」E・フェルブス みすず書房

何とも、こ難しく書き綴るモノだ。要は、イノベーションがもたらす結果ではあるが、何故、産業革命に至ったのか?思いついたのかは、読んでも解らなかった。が、人の欲望と好奇心の相乗効果と、資本の偏り、がもたらすのか?難解な経済の本である。

|

« シルバーウィークと言うらしい | トップページ | 憂鬱な一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/64226554

この記事へのトラックバック一覧です: 敬老の日:

« シルバーウィークと言うらしい | トップページ | 憂鬱な一日 »