« リオ・オリンピック | トップページ | U-ターンMRJ »

2016年8月27日 (土)

台風襲来

 台風万来である。今年は北海道が狙われた。梅雨明けの、毎年起こる悲しき災害は、今年は少なかったと思っていたのに。東京でもゲリラ豪雨に見舞われた。

 ボケ爺の若き頃の記憶での夕立は、その時は、なるほどすごかったが、その後は、涼しくなり、空気もすっきりとしていた。今年は、夕立風の豪雨の前後も蒸し風呂の様な熱風に襲われる。温暖化なのか?異常気象なのか?

 台風10号は南下を続け、このまま中国大陸へ、と思っていたら、なんとUターンだ。気まぐれか、少年異常犯罪と同じように、台風にも異常性格があるのだろうか?

 むごい若年層の犯罪が増えてきているのでは?ここの所、連続で起きる。自然現象災害と比べても極めて多い。規模は小さい様に思えるが、人の人格を傷つける心理は、計り知れない広がりを持ってきている様に思える。

 昔は、働きを求めて、働いても賃金が少な過ぎることからの資本主義への疑問が主であっただろう。今は、目に見えない色んな面での格差が、心を蝕んでいるのだろう。

<読書>

「村に火をつけ、白痴になれ」栗原康 岩波書店

=伊藤野枝伝= の副題。青鞜社の「平塚らいてう」が認める文章家であるらしい。その青鞜社を任されるほどだった。炎の女とも言われている。メチャ、メチャ、頭が良い。男女差別の時代に、古い女像を捨てて、女性解放から、アナーキズムに走る。野上弥生子とも交流を持つ。色んな男性と交わり、性の快楽にも持論がある。最後は、28歳の若きで、大杉栄と共に官憲に殺害される。

|

« リオ・オリンピック | トップページ | U-ターンMRJ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/64118215

この記事へのトラックバック一覧です: 台風襲来:

« リオ・オリンピック | トップページ | U-ターンMRJ »